黒色パーツのお手入れ方法を解説。黒いところが黒くなってるだけで引き締まる【ホンダ フォルツァ】

黒色パーツのお手入れ方法を知る!

黒いところが黒くなってるだけで引き締まって格好よく見えるので、しっかり黒色素材のお手入れ方法を解説していきます。

ここ最近は、バイクの黒色パーツのお手入れ方法ばかり書いてますが・・・ヨシとします!

やり方はもちろん今までと全て同じ。何も変わりません。

仕上げ前の状態をチェックです!

だいたいこんな感じですね

うん、こんな感じ

時々お手入れしているので、そこまで色あせしてません。

でも、いつも仕事で使っているので、汚れてます。

用意するものはこれです。

P8コート以外に付属するタオル・スポンジだけです。

P8コート
黒色素材にはコレです。
タオル
仕上げ後の拭き取りに使います。
スポンジ
P8コートを付けて塗り広げたり、噴きかけたP8コートを均します。

使い方は、塗って拭くだけ。

とにかく丁寧に丁寧に塗り絵のように塗っていき、時間を置いてから拭く。

これだけです。

スポンジで塗る時は、スポンジを潰さないように丁寧に縦横円を描きながら塗っていきましょう。

何度も何度も同じ部分を重複して塗りましょう。

仕上がりをキレイにするためには、しっかりやりましょう。

P8コートを付ける量は、少なすぎても多すぎても仕上がりはイマイチ。

適量(スポンジに2~3滴)を付けて、何度も同じ場所を重複して塗りましょう。

塗っている最中に、うまく塗れない、スポンジが引っかかるなど足りないと感じたら、付け足しながら塗ってください。

P8コートを塗る

汚れも雨の跡もあります

2~3滴、写真は4滴くらいでしょうか

スポンジを潰さないで軽く塗ります。縦横円・・・

色が変わりますよね

同じように塗って

塗っいけば

違いがハッキリ出ました

次々塗って

塗って

塗って

塗っていけば

ざっとこんな感じです

ここで、よく見ると、2回に分けて塗った境目にスジが見えます。

色の違いが見えますか

これは塗りムラと同じで色の違いが出ているので、スポンジで均します。

塗ったときより力を抜いて(スポンジの真ん中へんを持って)

サーーッサーーッと軽く撫でれば

色の違いが無くなります

遠くから見れば塗りムラが消えてますのが分かるかと

サーーッと撫でておけば、塗りムラの心配は無くなりますので、塗りムラがあってもなくても、念のため、やっておきましょう。

続いて残りを塗って

塗って

ここでシールの上も塗ってますが、ラミネートされたシールやカッティングステッカーなら問題ありません。

表面のラミネートが剥がれたシール(紙がむき出しになったもの)は、避けましょう。

塗っていって

よこの段差というかつなぎ目は、スポンジの角を使えば

こんな感じに

残っていたここも

同じように塗って

撫でれば

簡単です

残りもう少し、行きますよ

塗って

塗って

塗って

最後に塗りムラを消すようにスポンジの真ん中あたりを持って撫でれば

完了です

細かい部分にもP8コートを塗る

ネジ穴やロゴのくぼみなど、ちょっとした凸凹もしっかり手を入れましょう。

こんなネジ穴も

ちょっとP8コートを直接付けて

歯ブラシで

毛先がたわまないほど軽ーくブラッシング

汚れが取れて色も変わりました

あとは、表面に多く付いたP8コートをスポンジで均しましょう

続いてロゴのくぼみも歯ブラシで

先ほどネジ穴をブラッシングした時にP8コートは付いているので、ここではあらためて付けてはいませんが、歯ブラシに付いているP8コートが少ないと感じたら1~2滴付けてからブラッシングしましょう。

軽く軽ーくブラッシング

で、こう

同じく、表面に多く付いたP8コートをスポンジで均しましょう

すると、

こうです

横から見ても、こうです

いい黒さになってます。

P8コートが乾いたらタオルで拭く

全体を塗り終わりました。

あとは少しだけ(30分~1時間ほどで十分です)P8コートを乾かします。

乾く間に、さらに汚れを浮き上がらせてくれるので、塗ってすぐに拭くよりも、少し時間を置いてからの方が効果的です。

乾いたタオル(P8コート用のタオル)で軽くササッと拭いていきます。

今回は、時間の都合で、1日置きました。

見えにくいですが、少しテカテカした感じが落ち着きました

乾いたタオルで軽く

丁寧に拭くだけで

完成です。

タオルで拭く時は、はじめは粘っこく抵抗があるかもしれませんが、すぐにツルツルすべる感覚に変わりますので、全体がこうなったらタオル拭き完了です。

いい色になりましたー!

今回は、ここで終わり。

この仕上げでは、他にもホイールを含めて多くの黒色素材も同時に仕上げたので、それら仕上げは、また次回にご紹介します!

写真が多すぎて見てもらうのが大変ですから・・・

今回の黒色パーツのお手入れ方法を簡単にまとめると、

  1. P8コートをスポンジに少量付ける。
  2. スポンジを押しつぶさずに縦横円を描きながら塗り残し無いように塗る
  3. 時間を置いてから最後にタオルで拭き取る。

急いで塗ってはダメです。

キレイに仕上げるには、焦らず丁寧に同じ箇所を何度も重複して塗って仕上げてください。

仕上げ直後はいいんですが、後から色の違いが出たりしますからね。

「丁寧に重複仕上げ」ですよ!

また、一度仕上げれば長期間何もせずに、なんてことありません。

雨で流れたり汚れに吸い取られたりで、P8コートの保護膜は徐々に薄くなっていくと、同時に艶も減ってきます。

表面のP8コートが落ちれば当然です。

だから、定期的にお手入れしましょう。

雨の中を走ることが多いバイクなら、毎月、そうでなくても2~3ヶ月毎、のようにお手入れしてください。

白く色あせてからでは遅いです。

愛車を綺麗に保つには、定期的はお手入れが必須です!

今回使ったクリーティングコートはこちら。

P8コートです。もしよろしければ…

次回ご紹介しますが、タイヤや黒色塗装にも使えます!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから