色あせたワイパーを何とかする方法を解説。色が剥がれてなければイケるかも【日産 フェアレディZ】

色あせた黒色のワイパーを黒々にしてみる!

色あせたワイパーをお手入れしてみます。

金属に黒色の塗装がされているので、長年乗っていると表面の塗装が剥がれて金属が出てきます。

こうなると再塗装となってしまいますが、そうなる前からお手入れしておけば、黒さが維持できるはずですよ。

※最後にも書きましたが、P8コートを使ったからといって、長期間この黒さが維持できとは限りません。

仕上げ前の状態をチェックです!

色あせてます

同じく

ただ・・・

色が剥げちゃってるのでこれはムリっす

仕方ないことですが、本来の黒さが無いので、残念な感じに見えます。

用意するものはこれです。

P8コートに付属するスポンジとタオルです。

P8コート
黒色素材にはコレです。
タオル
仕上げ前と仕上げ後の拭き取りに使います。
スポンジ
塗る時に必須のスポンジ。

P8コートの力をしっかり使うこと。

使い方はP8コートをスポンジで塗って乾いたら、タオルで軽く撫でるだけ。

これだけです。

P8コートを塗る・時間を置く・拭くく

とにかくP8コートを塗っていく

P8コートをスポンジに付けてムラなく塗る。それだけです。

塗り残しが無いようにしっかり塗っていきましょう。

縦横円を描きながらスポンジを押しつぶさずに軽く撫でます。

まずリアワイパーを

ワケあってリアワイパーから仕上げてます。

ボトルをよく振ってからスポンジに数滴付けて、

撫でるだけ。

ね。

軽く撫でれば

色が変わります

ここも

撫でれば

こうなって

どんどん撫でて、最後に今までよりさらに力を抜いてササーーーッと撫でれば

あっさり黒々

塗った時は、スポンジの塗りスジが付きますが、そのスジが無くなるように、最後に今までよりさらに力を抜いてササーーーッと撫でます。

塗った表面の塗りスジを消すように整えてあげると、仕上がりがよりキレイになりますよ。

横も忘れずに撫でていきますが、

もしスベリが悪いな、黒くならないな、って時は、ちょっと付けです。

1~2滴付けて

丁寧に撫でれば

はい、この通りっす

最後に

つなぎ目?と

この部分(なんて名前?)と

ゴムも仕上げて

はい、表側の塗り完了

ここで気になるのが、

P8コートがボディに付いてます

でも、付いたからといって、シミになることはありません。

塗りムラのような状態になっているだけなので、後でピッチレスコートで仕上げれば、元通り、というよりも、元の状態より艶が出てキレイになることでしょう。

そのまま裏側もやってしまいましょう。

ワイパーを立てると

裏側は塗っていないので

丁寧に

スポンジで撫でれば

変わりましたね

これでリアワイパーの塗りは終わりです。

・・・

気が付きました?

裏側にはバネがありますね。

このバネの部分はスポンジは入らないので、直接吹きかけて歯ブラシでサッサッサッとするだけです。

今回は写真はありませんが、簡単にできるはずですよ。

ただ、吹き掛けた時に周りに飛び散らないように養生したりタオルで押さえたりして、やってくださいね。

次にフロントワイパーを

こちらも全く同じ、ただ塗り残し無く撫でていくだけです。

ボトルをよく振ってから

数滴付けて、

ここから

撫でて

撫でて

撫でて

撫でて

撫でて

こうなります

上の写真、パラパラ動画にできそうなほど細かく順を追ってしまいました(^^)

でも、懲りずにまた撫で続けますよ!

指のところまで

撫でて

撫でて

撫でて

撫でて

はい、黒々

また指のところまで

撫でて

撫でて

撫でて

撫でて

また、黒々

残りを全部撫でて

撫でて

撫でて

撫でれば

はーい、真っ黒ー!

立たせていたワイパーを戻してつなぎ目もやっときましょう

塗り終わった後を見ると、

塗ったスジが見えますね

これは残ってても大丈夫

これもね。

P8コートを使う量とスポンジの力加減と撫で方の丁寧さ次第で、このスジが多くなったり少なくなったりします。

またスジが消えやすかったり消えにくかったりします。

適量のP8コートを使って、適度なスポンジの押さえ方で、丁寧に仕上げれば、スジは減って消えやすくなります。

仕上がりにも差が出ますので、スポンジで塗る際は、できるだけこのスジが無くなるような仕上げを心がけましょう。

力加減の練習にもなりますので、オススメです!

P8コートが乾いたらタオルで拭く

全体を塗り終わりました。

あとは少しだけ(30分~1時間ほどで十分です)P8コートを乾かします。

乾く間に、さらに汚れを浮き上がらせてくれるので、塗ってすぐに拭くよりも、少し時間を置いてからの方が効果的です。

乾いたタオル(P8コート用のタオル)で軽くササッと拭いていきます。

P8コート用に使っているタオルで軽く拭けば

変にテカテカしない黒々な仕上がりに

抑えた艶が出てます

これは仕方ないですね。

裏側も拭いて

完了です

どう?

フロントワイパーも、

タオルで拭けば

塗りスジが無くなりサラッとした状態に

こちらも

ここも

つなぎ目も

引いて見ると、締まりました

もっと引いて見ると・・・いいね

はい。完成。

タオルで拭き取ったのは、塗った時に余ったP8コートの成分です。

塗った素材にはP8コートの保護膜がしっかり残りますので、汚れが付き難く、素材の劣化防止に役立ちます。

ただし、雨や水を掛けながらの洗車をすることで、少しずつP8コートの成分は流れ落ちますので、定期的なお手入れが必要です。

【※重要※】キレイになりましたが…

これはできるだけP8コートを使ったお手入れ方法のところで書きますが、

塗った先から黒々と変わっていきましたが、先にも書いたように、素材自体を復活させたわけではありません。

表面を覆って色艶をキレイに、そして、これ以上の劣化をできるだけしないように(完全に劣化を防ぐことはできません)してくれます。

P8コートを吸収しやすい素材、吸収し難い素材がありますが、この素材は吸収しにくいです。

ですから、表面のP8コートが雨や洗車で流れ落ちたり、時間が経って皮膜が薄くなったら、また元の色が戻ることがあるのです。

1度キレイにしたからといって、ずーーーっとこの状態が保てるということではありません。

この状態で維持したい場合は、面倒がらずに定期的に同じ仕上げをすることです。

一度使えば永久に。なんてことはありませんので、お間違いなく!!

もし、こんな色あせは嫌だ!!という方は、

定期的にお手入れしましょう。

完全には防げませんが、色あせしてから後悔しないように、はじめのうちに定期仕上げを!

今回の汚れ落とし方法を簡単にまとめると、

  1. 水洗いやタオルで汚れを粗取りして
  2. P8コートをスポンジで塗って
  3. 乾いたら、タオルで拭き取る。

スポンジやタオルなどでゴシゴシしません。

汚れは、擦る力で落とすのではなく、P8コートの力を使って落とすのです。

そして、素材の表面に、P8コートの保護膜をしっかり作ることです。

今回使ったクリーティングコートはこちら。

P8コートです。もしよろしければ…

ゴム、革(濃い色)、プラスチックなど黒色素材に適しているのがP8コートです。今回のような黒く塗装されたパーツのお手入れにもお使いください。

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから