黒色パーツのお手入れ方法を解説。1度やったら終わりじゃなく定期的に【ホンダ ホーネット】

エンジン以外の黒色パーツのお手入れ方法を知る!

前回はバイクのエンジン部分のお手入れ方法を紹介しましたが、他にも黒色のパーツがたくさん使われているので、それら黒色素材のお手入れ方法を、解説していきます。

エンジンほど細かくはないですが、細部の仕上げもありますので、参考にしてくださいませ。

仕上げ前の状態チェックは後ほど

いままでここで仕上げ前の状態チェックをしましたが、いくつも仕上げる部分がありますので、その都度紹介していきますね。

用意するものはこれです。

P8コート以外に付属するタオル・スポンジ・竹串と歯ブラシです。

P8コート
黒色素材にはコレです。
タオル
仕上げ後の拭き取りに使います。
竹串
細かい隙間の仕上げに欠かせません。
スポンジ
P8コートを付けて塗り広げたり、噴きかけたP8コートを均します。
歯ブラシ
細かい汚れをかき出すのに必須です。

使い方は、塗って拭くだけ。

非常に簡単で、とにかく塗り絵のように丁寧に塗って、時間を置いてから拭く。

これだけです。

隙間は、歯ブラシや竹串を使えば、キレイに仕上がります。

そして、スポンジを潰さず丁寧に縦横円を描きながら塗っていきましょう。

何度も同じ部分を重複して塗るのが、仕上がりをキレイにするためのコツです!

ただ、P8コートを付けるのが少量過ぎてもダメですが、たっぷり使っても仕上がりがキレイになるということではありません。

適量(スポンジに2~3滴)を付けて何度も同じ場所を重複して塗るようにしましょう。

メーターまわり

塗る前の状態ですが、元々キレイだから…

スポンジを潰さず丁寧に縦横円を描きながら塗っていきましょう

メッキやインジケーターランプ類に付いても大丈夫

インジケーターランプ類に付いたらキレイになって保護膜ができるので、逆に、塗っておいた方がいいでしょう

細部までしっかりと塗ります

少し(30分~1時間ほど)だけ時間をおいたら、

乾いたタオルで余分なP8コートを拭き取っていきます

これだけで完成!

ケーブル、ホース類

同じく単純に塗って拭くだけ。

細かい部分にあるケーブル類も

とにかくしっかり塗りましょう

普通に塗ってもいいし

摘むように塗ってもいいし

とにかく、あらゆるチューブ、ホース類を塗って

塗って

塗りまくります

塗り終わって、少し(30分~1時間ほど)だけ時間をおいて乾いたタオルで拭けば、完成!

色に違いが出てる…よね

黒色パーツに艶が出ると、ピントが合わなかったり明るさが暗くなったりで、キレイに撮りにくいっす。

ハンドル周り

もう写真ご紹介するだけでいいのかもしれませんね(^_^;)

塗り終わって、少し(30分~1時間ほど)だけ時間をおいて乾いたタオルで拭けば、完成!

ここまで見てくれた方はもうお分かりでしょうが、仕上げ後の写真が少ないです…

撮り忘れてます…

すみません…

ここからは先も少ないっす…

フェンダー部分

細部はスポンジを押し込みます

塗り終わって、少し(30分~1時間ほど)だけ時間をおいて乾いたタオルで拭けば、完成!

細部は竹串に

タオルを巻いて

突っ込みます

サイドスタンド

もう写真だけ見てもらえば分かるので、コメント無しでいきましょう。

サボりじゃないっす!∠(`・ω・´)

今回はここまで。

他にも仕上げた箇所がいくつかあるので、また次回の記事でご紹介しましょう。

バイクにはP8コートを使ってお手入れする部分がたくさんあるんですよねー

今回の黒色パーツのお手入れ方法を簡単にまとめると、

  1. P8コートをスポンジに少量付ける。
  2. スポンジを押しつぶさずに縦横円を描きながら塗り残し無いように塗る
  3. 時間を置いてから最後にタオルで拭き取る。

ササッと塗っただけだと、P8コートが乾いた後や拭き取った後に、うまく塗れていない部分と塗れた部分の色の差が出て、塗りムラになります。

塗り残し無いように何度も重複して丁寧に塗るのがコツです。

で、タイトルにも書きましたが、この仕上げ、

1度やれば1年持ちます!なんてことは一切ありません。

雨の日に乗れば少しずつP8コートの保護膜も流れ落ちるし、汚れが付けば、その汚れがP8コートを吸うことだってありますから、P8コートの効果は少しずつ薄れていきます。

薄れていくということは、艶なども減っていくということなので、

気がついたときでも定期的でもいいので、時々お手入れしてあげてください。

よろしくお願いしまーす!

今回使ったクリーティングコートはこちら。

P8コートです。もしよろしければ…

黒色素材に適しているのがP8コートですが、メッキや、インジケーターランプなどの透明なプラスチックに付いても問題ありません。

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから