エンジンとその周辺のお手入れ方法を解説。たまにお手入れしておけばゴム類も長持ち【ホンダ ホーネット】

エンジンとその周辺のお手入れ方法を知る!

今回は、バイクのエンジン部分のお手入れ方法を、解説していきます。

細かく入り組んだエンジン部分のお手入れは面倒、と思われがちですが、案外、誰でも出来るような簡単さです。

仕上げ前の状態をチェックです!

ほんの少し汚れている感じはしますが、全体的にキレイ

拡大しても、キレイに見えます

左側も同じくです

常に室内保管でカバーも掛けてあるので、状態は非常にイイです。

用意するものはこれです。

P8コート以外に付属するタオル・スポンジ・竹串と歯ブラシです。

P8コート
黒色素材にはコレです。
タオル
仕上げ後の拭き取りに使います。
竹串
細かい隙間の仕上げに欠かせません。
スポンジ
P8コートを付けて塗り広げたり、噴きかけたP8コートを均します。
歯ブラシ
細かい汚れをかき出すのに必須です。

使い方は、まずはとにかく吹き掛ける。

エンジン部分は細かく手や指が入らないところが多数あります。

歯ブラシや竹串が入らない部分もあります。

そんな時は、霧状に吹きかけて、道具すら入らない部分までP8コートを届かせることです。

P8コートを直接霧状に吹きかけて

たっぷりと

細部まで

隅っこに白く溜まるほど

満遍なく

プラグコートなどのゴム類も

しっかり吹きかけて

エキゾーストパイプも

ラジエーターも

ファンも

同じように反対側(左側)も

ブッシュブッシュ掛けると

こうなって

こうなって

垂れるほどたっぷり吹きかけて

こうなって

こうなって

こうなります。

スポンジなどで整える

噴きかけたP8コートが全体にキレイに吹きかかっていればいいんですが、うまくかかっていない所もどこかにあるはず。

また、平面はキレイに均しておくと、仕上がりもキレイになります。

なので、スポンジ、歯ブラシを使って、満遍なくP8コートが行き渡らせます。

スポンジを潰さない力加減で撫でて

ホース類も撫でて

黒いパーツも撫でて

撫でて

フィンの部分はスポンジが入らないので

歯ブラシで優しくブラッシングすれば
(隙間の汚れも落とせます)

全体的にビューティフォーに!

ホースも

ラジエーターもキレイでしょ(分かり難い・・・)

またまた反対側も同じで、

ホース類も

もちろん裏側までしっかりと

黒色パーツも

隅々まで

手や道具の

届く範囲を

しっかりと

ブラッシングなどして整えましょう

タオルで余分なP8コートを拭き取る

全体的にP8コートをキレイに整えたら、少し時間を置きましょう。

30分、1時間、そのくらいで十分です。

ただ、長時間(1日とか1週間とか)置いたからといって、キレイに仕上がらなくなったりシミになるということはありません。

乾いたタオルで軽く撫でれば

はじめはネバっと引っかかる感じがあっても

汚れを含んでくれた余分なP8コートが拭き取れて(黒いのがソレですね)、すぐにツルツルっとした感触に変わりますので、

反対側も

同じくしっかり拭きましょう

あとは、フィンなどの細かい隙間ですが、

竹串にタオルを巻いて

隙間を丁寧に

擦れば

ジャジャーーーン!!

奥まった細部まで

艶がイイ感じでしょ

ま、今回は多少塗り残しとかありますけど、集中して仕上げればそのへんもキレイになるでしょう。

また、使用前後であまり差が見られないかもしれませんが、年月が経過すれば、見た目だけでは分からないP8コートの保護膜の効果を実感できるはずです。

今回のエンジンとその周辺のお手入れを簡単にまとめると、

手や道具の届かない隙間までキレイにするために、満遍なくP8コートを吹きかけて行き渡らせて、P8コートの汚れを落とす力、保護膜を作る力を最大限に発揮させます。

  1. P8コートを霧状に吹きかける。
  2. スポンジ、歯ブラシでP8コートを整える。
  3. 時間を置いてから最後にタオルで拭き取る。

細かくて、手も指も歯ブラシなどの道具も入らない隙間までP8コートを行き渡らせるために、しっかり霧状に噴霧しましょう。

最後にタオルで拭きましたが、手の届かない部分はタオル拭きしなくても、というか、タオル拭きできなくても、問題なしです。

単に余分なP8コートを拭き取っているだけなので、P8コートを吹きかけっぱなしでも問題ないのです。

この仕上げをしておくだけで、多少汚れたとしてもP8コートを含んだタオルで軽く拭くだけでも、十分きれいになり、お手入れが楽になるのです。

もしタオルで拭くだけでは落ちない汚れがあっても、P8コート吹きかけて同じように仕上げるか、スポンジや歯ブラシに少し付けて撫でたり擦ったりするだけで、キレイになるはずです。

それでも落ちない汚れは・・・たぶんP8コートでは難しいかと(・∀・;)

今回使ったクリーティングコートはこちら。

P8コートです。もしよろしければ…

黒色素材に適しているのがP8コートですが、ゴム類に効果的なので、赤いプラグコードなんかにもしっかり使えます。

また、P8コートを吹きかけっぱなしでも、汚れが流れ落ちて色艶がきれいになったり、素材自体の劣化を防止する効果も変わりませんので、今回のように、手の入らない細かい部分があっても、十分キレイにすることはできます。

もちろん、エンジンを下ろして分解しないと汚れを落とせない部分もあるはずですが、そういった部分は、表面上、見えないことが多いですからね(^^)

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから