バックミラーの汚れ落としサビ落としを解説。錆びていても…【ホンダ ホーネット】

バックミラーの汚れ・サビをキレイにする!

屋外で雨ざらしになることのあるバイク。

メッキされたパーツも、汚れが付いたりサビが発生したり、お手入れしておかないと大変なことになります。

汚れ以外にサビまで出はじめたバックミラー、さて、どうなるでしょうか・・・

仕上げ前の状態をチェックです!

汚れの中にキズもありますね

ザラザラしたサビが出はじめてます

サビは比較的軽めですが、すぐに対処しておかないといけない状態ですね。

用意するものはこれです。

ピッチレスコートのちょっと応用仕上げですが、ピッチレスコートと付属品と、ちょっとした小道具です。

ピッチレスコート
汚れ落としとキズ消しにはコレ。
タオル
ピッチレスコートを拭き取る、わけですが、普通のワックスを拭き取るのとはちょっと違います。
使い古しのタオル等
サビを除去したときに拭き取るタオルやウエスなど。
スポンジ
塗る時に必須のスポンジ。
特殊な竹串
付属の竹串ではなく、鉄砲串を束ねたもの。
※必須ではありません。

ピッチレスコートの力をしっかり使うこと。

ピッチレスコートの力を十分発揮させましょう。

サビ落としは、少し特殊な方法ですが、ちょっとしたコツだけでいけます。

まずは、ミラーの部分から

この部分は、ピッチレスコートの基本中の基本を使うだけ。

まずは恒例の半分仕上げをしていきましょう。

いつも通りスポンジに一付け

軽く

擦っていけば

汚れが落ちたので

スポンジを裏返して

スポンジ戻しをすれば

半分完成!

残り半分もやってしまいます。

残り半分も

スベリが悪いようならピッチレスコートを1付けして、擦ったら

スポンジをひっくり返してスポンジ戻しをして

最終仕上げのタオル拭きをすれば

完成です!

残念ながら、深く入ったキズは残っていますね。

繰り返し定期的にお手入れしていけば、少しは目立たなくなるでしょうが、無くなることはありません。これは仕方ないです。

次に、アームの部分を

サビの浮いたこの部分に

スポンジに1付けしたピッチレスコートを

ポンポンポンポンって置くようにたっぷり塗っていきます

ピッチレスコートがサビに少しでも浸透するように、少し(5~10分)置いたら

爪を使って

このサビを

爪の先っちょで

コリッコリッって軽く擦るだけで

無くなってますね

同じくここも

コリッコリッ

コリッコリッとすると

こうです

あとはこれを繰り返すと

こうなるので

ウエス等で拭き取ると

完成。

フラッシュの当たり方がイマイチで、サビの落ち方、残り方、キズの状態が分かり難いですが、だいぶキレイになりました。

深いサビの場合は、跡が残りますが、茶色いサビが取れたり薄くなっただけでも、だいぶ変わりますよ。

全体的に見てもキレイに仕上がってます

角度を変えるとミラー部分のキズが多いですね

爪を使うのはちょっと・・・

な方は多いはずです。

少しだけ爪も削れますからね。

ですから、爪以外の方法をご紹介しましょう。

こいつを使います!

竹は弾力性があり爪に近い柔らかさがあるので、竹串を利用しますが、焼き鳥とかで使われる鉄砲串という串を使います。

竹のシナリも活かしたいので、18cmという長めのものを2本用意して、持ち手の所で束ねただけの簡単な道具です。

使い方は、持ち手の部分を軽く握って、

先っちょで左右に擦るだけ

爪で擦ったように、軽く先っちょで擦るだけで、同じような効果があります。

メッキの種類によっては難しいかも

メッキによって硬さが違います。

キズの入りにくいものから、すぐに入るものまでさまざまです。

爪や竹串はキズが入りにくいですが、全てのメッキに対応出来るわけではありませんで、ご注意ください。

キズが入りにくいと思われるメッキの場合は、ピッチレスコートを塗り置きして、爪などは使わずに少しずつ除去していく方法の方がよいでしょう。

かなりの時間は掛かると思いますが。

今回の擦り傷の除去方法を簡単にまとめると、

ミラー部分は・・・

ピッチレスコートの基本を使えば、楽勝。

  1. ピッチレスコートをスポンジに付けて
  2. 縦横円を描きながら擦って
  3. 最後にスポンジ戻しをしたら、タオルで拭き取る。

基本中の基本、力も不要ですね。

アームの部分のサビは・・・

ちょっとだけ特殊ですが、

  1. ピッチレスコートをスポンジに付けて
  2. ポンポン置くように塗って少し時間を置いて
  3. 爪や特殊竹串で力を抜いてコリコリして
  4. ウエス等で拭き取る

特殊な方法や道具ですが、慣れればすぐに出来るようになりますよ。

今回使ったクリーティングコートはこちら。

ピッチレスコートです。どうぞよろしく(^^)/

根深いサビの除去は難しいか無理です。

でも、今回のようなサビは、意外とあっさり落ちるかもしれませんねー(^^)

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから