インターホンのボタンの汚れをキレイに落とす。【マンションのインターホン】

インターホンのボタンの汚れをキレイにする!

住まわれている人、宅配便など訪問する人、様々な人が触るインターホンのボタンはどうしても汚れてしまいます。

そんなボタンはできれば清潔な状態がいいですよねー。

だから、キレイにしてしまいましょう!

仕上げ前の状態をチェックです!

よく押すボタンは汚れます

汚れてますね

ゴムっぽい弾力性のあるボタンに数字・記号がプリントされてます。

摩擦や強力な液剤(使うことは少ないでしょうが)で、プリントが落ちることも考えられるので、攻撃力のあるクリーナーを使うことや、無理な力を入れることは避けたほうがいいでしょう。

テレビのリモコンで、良く使うボタンが消えちゃってることもありますもんね。

用意するものはこれです。

P113の基本中の基本。P113と付属品だけです。

P113 or P113-II
こんな汚れ落としにはコレです(^^)
P113-IIの方が汚れ落とし効果は高いですが、P113でもP113-IIでもどちらでもOK。
タオル
P113を付けて擦って落とす用です。

スポンジ、竹串は使いません。

今回は、普通のP113を使います。

※P113-IIのように、汚れ落としの効果が強力だからといって、素材ががひび割れたり、変色したりする心配はありません。

P113の力をじゅうぶんに使うこと。

ゴッシゴッシ擦る力を掛ければ落ちる、こともありますが、素材を痛めることもあるので、できるだけ、P113の力を十分に使ってください。

できるだけ、P113の力を最大限に使うこと。

使い方はP113を付けて擦るだけ

キレイにする前に、ボタンが機能しないように電源をOFFにしたり無効にしておきましょう。

OFF!

間違って部屋番号押してしまうとご迷惑なので(^^)

よく振って

タオルに1プッシュ

あとはちょいちょい擦るだけ

擦るといっても、ボタンが歪むほど力は入れません。

普通にボタンを押すぐらいの力か、その力+αくらい。

あまり押しすぎて壊してはいけませんよ!

すると、こう。

「3」ボタンがキレイになったでしょ?

最後に、乾いたタオルのキレイな部分で、乾拭きして終わり。

簡単ですよね。

ただ、1つ注意するのは、

汚れが落ちないからといって爪でコリコリするのはダメ

ゴムに爪の跡が付いたり、プリントされた字が削れることがありますから、基本は爪はダメです。

続いて一番汚れてる「5」ボタンをキレイにしましょう。

もう一度、よく振ってから1プッシュして、

「5」ボタンを半分軽く擦れば

半分キレイになって

残りも擦れば

キレイに・・・

まだちょっと残ってましたね(^_^;)

「8」も「#」も次々と擦れば

こう

拡大すると、こう

たったこれだけ。

解説するまでも無いほど、あっさり。

エレベーターのボタンでもリモコンのボタンでもキーボードでも、やり方は全く同じです。

マンション、ホテルなど、不特定多数の人が触れるボタンのお掃除に使うといいですね。

清潔感あるボタンになるから、おすすめ(^^)

今回の汚れ落とし、方法を簡単にまとめると、

P113の力を十分に、力をほどほどに使えば大丈夫。

  1. P113をタオルに付けて
  2. 縦横円を描きながら軽く擦って
  3. 乾いた部分で拭き取る

先ほども書きましたが、相手がゴムなのでキズが入ることもあります。

プリントが削れることもあります。

ですから、爪を使わないでください。

慣れれば大丈夫かもしれませんが、基本ダメということで。

今回使ったクリーティングコートはこちら。

P113です。どうぞよろしく(^^)/

汚れが強力だと思われるときはP113-IIをお使いになる方がいいかもしれませんが、今回くらいの汚れなら通常のP113で十分です。

落ちない汚れも中にはありますけども…

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから