ハンドルの手アカ・タバコのヤニなど汚れをキレイに落とす。【日産 エルグランド】

ハンドルに付いた手アカ・タバコのヤニなどの汚れをキレイにする!

シートと同じか、それ以上汚れるハンドルの汚れを落としてみます。

車の中で一番、手を触れる場所なので、どんな車でも汚れやすいです。

仕上げ前の状態をチェックです!

ハンドルといってもクラクションがある部分が主ですね。

ここが一番汚れるんですよね

ここらへんはタバコのヤニとかも

運転しながら飲み物を呑んだり、咳やくしゃみしたりするので…

やり甲斐のある汚れ方しています。

すばらしい(^^)

ハンドルは、手の汚れ以外も、タバコのヤニや、飲み物や、咳やくしゃみの飛沫や(ちょっと汚らしくてすみません)、あらゆるものが付きます。

そして、見て分かる通り、素材に細かい凸凹があって綺麗にするのが難しそうです。

でも・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

用意するものはこれです。

応用編っぽいですが、P113の超基本の仕上げですから、P113と付属品+αです。

P113 or P113-II
こんな汚れ落としにはコレです(^^)
P113-IIの方が汚れ落とし効果は高いですが、P113でもP113-IIでもどちらでもOK。
タオル
P113が落とした汚れを拭き取る用です。
スポンジ
革の凸凹にはスポンジが最適です。
歯ブラシ
普通の歯ブラシで十分ですが、キズが気になる方は「柔らかめ」か、もっと柔らかい豚毛などの歯ブラシを選んでください。

今回は、普通のP113を使います。

※P113-IIのように、汚れ落としの効果が強力だからといって、素材ががひび割れたり、変色したりする心配はありません。

P113の力をじゅうぶんに使うこと。

スポンジ、タオル、歯ブラシで擦る際、力を入れて擦ったからといってさらによく落ちるってことは無いと思ってください。

できるだけ、P113の力を最大限に使うことですよ。

まずは、広い面積をスポンジを使って汚れを落とす

今回のような合成樹脂(たぶん)でも本皮でもフェイクでも、無数に縦横無尽にスジが入っています。

このスジに汚れが詰まると、タオルで擦っただけでは、そこまで綺麗にはなりません。

スジにしっかり入り込んでます

こんな時は、スポンジをうまく使います。

P113が泡立つまでよく振ってから

1プッシュすると

これくらい付きます

まずはいつも通り左半分

縦横円を描くように軽くスリスリっと擦ります。

擦る時の力加減は、押し潰さないこと。

こんなもんです

擦ってる最中から汚れが落ちて

どんどん落ちて

汚れが落ちて、浮きました。

ここではモタモタせずに、茶色くなったP113が乾かないうちに拭き取ります。

汚れてない(又は、汚れが少ない)タオルで

拭き取れば、

ジャーーーン!!(^^)v

キレイに落ちて、色の違いができました。

角度を変えて見ても、

スジもキレイなってますよ。

拭いたタオルの汚れは・・・

そんなでもないです

が、

スポンジをタオルに押し付けてみると、

たっぷり汚れが取れてました(^^)

続いて、一番目立つ部分を

同じように、キレイにしていきましょう。

ここですね

全く同じやり方をすればいいだけです。

同じく1プッシュ

縦横円を描くように押さえつけずに

少しずつ擦っていくと

あっさり

すかさずタオルで拭けば

こう。

広い面積を一気に仕上げると、だいたい仕上げのムラ(汚れが落ちているところと落ちていないところの差)ができます。

なので、小さい面積ごとに汚れを落として、こまめに拭き取りましょう。

こうやって落ちるとなれば、あとは繰り返すだけ。

また1プッシュしてから擦って

擦ってすれば

一気に写真はとびますが、やり方はこれまで通りです。

全く同じようにやればいいだけですよ。

そうすれば、

半分完成!!

先ほどのように、スポンジに汚れがたっぷり溜まるので、時々、タオルに押し付けて汚れを落としましょう。

汚れたまま使うと、キレイになった部分に汚れを戻してしまうので、汚れたな-って思ったら、タオルに汚れを吸わせましょう。

拭き取り用のタオルで吸わせると、そのタオルで拭き取る時に、スポンジと同じように逆に汚れを戻してしまうこともあるので、汚れを吸わせるタオルを別に用意しておいた方がいいかもしれませんね。

よく見ると細かい部分がまだなので

細かいスジより深いロゴなどには汚れがまだ残ってます。

ホーンマークや

ロゴなどの文字

こういった深い細かいミゾには歯ブラシが効きます。

垂れないくらい少量をちょっとスプレーして

毛先が軽く触れるくらいの力で

擦って

タオルで拭き取れば

簡単ですね。

文字も同じく、

少量付けて

軽く撫でるように

ブラッシングして

浮いた汚れを

タオルで拭き取って

完成!!

もう1箇所、歯ブラシを使う場所がありまして、それが、

エンブレム周り

凸凹が深いので汚れが溜まりやすいですよね。

でも、やり方は何一つ変わらないです。全く同じ。

歯ブラシに少量付けて

軽くブラッシングして

エンブレムとの隙間は、毛先を斜め45°くらいの角度で当ててブラッシングして、

タオルを少し畳んで

拭き取れば

上半分きれいになりました。

下半分と比べれば、全く変わりましたよ。

あとは、下半分を、

またまたまた少量付けて

ブラッシングして

汚れが落ちたら

タオルを畳んで拭けば

簡単ですね。

いつもいつも、同じ解説の繰り返しですみません。

もう、表現方法が無いので、ご辛抱ください。

最後は、右半分を、仕上げれば、

スポンジで擦って拭き取れば、

残り右下を仕上げれば、

はい終わり!!

いかがですか( ̄ー ̄)

汚れ以外は残念ですが…

このような一見汚れっぽい部分ですが

ココ

これは、少し汚れてもいますが、キズというか、表面が剥がれてます。

スポンジで擦っても

変化はほぼ無しです

これは剥がれた状態なので、塗装してもらうか、張り替えるか、ハンドルカバーを付けるしかしかないです。

ちなみに、

縫った部分

は、スポンジと歯ブラシを使って同じように仕上げれば、キレイになります。

あと、黒いスイッチの部分は、タオルにP113を吹きかけてから拭けばキレイになりますよ。

仕上げの時間の都合上、写真は撮ってませんが、

最終的には、

こうなりますので。

ここで注意が

P113をスポンジや歯ブラシにプッシュ(スプレー)する際、周りに飛び散らないように、タオルの上でやりましょう。

シートの上に飛ぶと、そこだけ丸い玉ができます・・・飛んだ粒の部分だけ汚れが丸くキレイに落ちるので、お気をつけください。

今回の汚れ落とし、方法を簡単にまとめると、

P113の力を十分に力を入れずに使えば大丈夫。

  1. P113をスポンジ・歯ブラシに付けて
  2. 縦横円を描きながら軽く擦って
  3. 乾かないうちに拭き取る

革製品の黒ずみ、汚れ落としにも同じように使えます。過去記事を参考にしてくださいね!

白色革ソファーの汚れ落としを解説。車の革シートにも使えるよ!
革が削れてボロボロになってなければ綺麗になる可能性あり。大ありです! 今回は、白色の革ソファーに付いた汚れをP113(または、P113-II)で落とします。 本革でも合成革でもどちらにも使えます! ...
革シートに付いたお化粧品の跡をキレイに落とす。【トヨタ クラウン】
革シートに付いたお化粧品の跡をキレイにする! 革シートに付いてしまった汚れ。 どんな状況で付いたかは分かりませんが、これを落としてみますよ。 毎度毎度、初めて見る汚れや状態など、勉強になります(...

※絶対落ちるとは言いません。落ちない汚れもありますので。そのへんはご留意ください。

今回使ったクリーティングコートはこちら。

P113です。どうぞよろしく(^^)/

汚れが強力だと思われるときはP113-IIをお使いになる方がいいかもしれませんが、今回くらいの汚れなら通常のP113で十分です。

落ちない汚れも中にはありますが…

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから