額縁のお手入れ方法を解説。ガラスも縁も何もかも一緒にキレイにしないと絵が台無し!~マット編

「ホコリとカビで汚れに汚れた額縁をキレイにする方法・マット編」を知る!

前回に引き続き、ホコリとカビで汚れてしまった額縁をキレイにする方法を解説します。

前回はガラスをキレイにしましたが、今回は絵を固定する?マットという部分です。

名前を調べてみたところ多分マットという名前だろうと。

とにかくこの部分です。

これもキレイにしておかないと、

中の絵がよりいっそう残念に見える

のです。

前回の文言そのままです(^^;)

仕上げ前の状態をチェックです!

状態を見ると、ホコリ、カビが満載です。

よくわからないんですが、これカビですよね?

縁が当たる部分には黒い汚れなのかキズなのかがあります。

この茶色は何だろう?カビ?

よーく見ると細かい凸凹がある素材にはP113で!

この素材はベニヤ板に革っぽい模様が入ったシートを貼り付けてます。

そして、白色です。

これは、白とかベージュとか色の薄い革(フェイクを含む)の仕上げと同じ方法でいきます。

用意するものはこれです。

P113に付属するタオルとのみです。

今回はタオルだけ使いましたが、細かい凸凹に詰まった汚れが落としにくければ、スポンジを使います。

スポンジの使い方は、革ソファーの仕上げを参考にしてください。

白色革ソファーの汚れ落としを解説。車の革シートにも使えるよ!
革が削れてボロボロになってなければ綺麗になる可能性あり。大ありです! 今回は、白色の革ソファーに付いた汚れをP113(または、P113-II)で落とします。 本革でも合成革でもどちらにも使えます! ...
P113
拭き取り用タオルと共に必須です。

P113で汚れをしっかり浮かせる。

P113をタオルにスプレーして使うので、汚れを浮かせながらタオルで擦り落とします。あとは仕上げに乾拭きするだけ。

これだけでも細かい凸凹の汚れが落ちてしまうんですねー。

ではガラスに引き続き、とっとと行ってしまいますよ(^^)/

ボトルをよく振ってから、タオルに1、2プッシュ。

この辺りがターゲット。

ただ軽く擦ってみると、

こんなもんでしょ(^^)

ゴシゴシやらなくてもコレです\(^o^)/

タオルには汚れがしっかり付いてますよ。

次のターゲットはこの辺一帯。

擦って、

擦って、

それだけ。

さらに汚れましたよ!タオルがね(^^)

汚れを落としたら、あとは汚れてない乾いている面で、

乾拭きするだけで、

終わり!

拡大すると真っ白。

でも、縁と擦れてキズになっている部分にはうっすら黒い跡が残ってます。残念ですね(´・ω・`)

次は、茶色い汚れの多発地帯。

何でしょね。この茶色いのは。

P113をプッシュプッシュして、

軽く擦って、

真っ白。

タオルも茶色に…

残りも擦って、

完成。

こちらも拡大。白~い(^^)

直接掛けて仕上げてもOK。

でも、マダラになることがあるのでしっかり仕上げてくださいね!

全部真っ白。いえ~いv(^^)v

内枠も汚れてないようで汚れてるから一緒にキレイにしましょ。

色が色なだけに、多少の汚れは目立たないです。けれども…

これね。プラスチックです。

同じくP113をプッシュして、

擦って、

擦って、

擦って、

擦って、

・・・

しつこい!

でも四隅あるのでね(^^;)

終ーわり!

見た目、そんなに違いが無くても、汚れはしっかり付いてますよ。

せっかくなので、さらにその外枠も。

内枠と同じ。

こういった凹んだ角も、

指先の丸さを利用して、

汚れを落とせば、

綺麗さっぱりっす(^^)/

少々、手順通り写真が撮れてなかった部分もあって、撮影した部分や角度が違いますが、そのへんは大目に見てくださいね(^^;)

今回の額縁のマットをキレイにする方法を簡単にまとめると、

P113で汚れを浮かして擦ればキレイになります。

  1. P113をタオルに付けて
  2. 擦って、
  3. 汚れが落ちたら、乾拭きする。

今回も、難しいことは無いですね。

もし、細かい凸凹に入り込んが汚れが落ちにくいときは、スポンジを使って仕上げましょう。

「用意するもの」のところで書いたように、革ソファーの仕上げを参考にしてくださいね。

今回の汚れ、もしかすると、

水拭きでキレイになるかも!

・・・

比較的ユルい汚れだったので、P113を使わなくてもキレイになった気がしますねー(^^;)

じゃあ、使う意味あったのか?

って思われるでしょうが、

でもでも、P113には汚れ落としの効果もありますが、汚れを落とした後に、薄いP113の層(保護膜)を作るんです。

ピッチレスコートほどの強力な保護膜ではないですが、しっかりできます。

仕上げ後に手で触ってもらうと、サラッサラしつつ、少しツルツルしてるのが分かるはずなんですが、これが保護膜。

そう、このツルサラした保護膜のお陰で、仕上げ後は汚れが付き難くなるんですね。

だからP113を使う理由はあるんですよ(^^)

でも水拭きだけでも・・・

次回は、最後、木枠の仕上げです。

全然期待してなくても、少しは期待するように!!

では!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから