フロントキャリアのサビ落としを解説。諦めちゃダメって言ったらダメ!【ホンダ スーパーカブ】

無理かな?と思うようなサビの落とし方を知る! 第2弾

今回は、ホンダ スーパーカブのサビが浮いたフロントキャリアをピッチレスコートでどれだけ綺麗になるかやってみます。

前に、シフトロッドで試しましたが、「棒」だったので分かりにくかったかもしれないです。

そこで、今回は分かりやすい平面と細かい部分にできたサビがターゲットです。

こんなサビでも諦めちゃダメ。

仕上げ前の状態をチェックです!

もうここまでくると、一見してサビ。

最近、ボディの塗装部分にサビを描く人もいるようですが、これは明らかにサビですよ。

ザラザラ。

全体がところどころサビ。

溶接したウネウネした部分にも。

少々やっかいそうな細部にも。

左側ほどではなくても、サビ。

以前、シフトロッドのサビが、簡単に落ちてしまったので結果は分かってるでしょうが、やりますよ(^^)

サビには定番のピッチレスコート

メッキや金属部分に発生したサビはピッチレスコートを使って仕上げます。

用意するものはこれです。

ピッチレスコートに付属するタオルやスポンジ以外に、いくつか用意したいものがあります。

ピッチレスコート
スポンジ、拭き取り用タオルと共に必須です。
竹串
付属の竹串ではなく、焼き鳥で使われるような羽?みたいな持ちてが付いた竹串です。以前のサビ落としでは長いものを使いましたが、使い方が違うので長くても短くてもどちらでも構いません。
3本をテープで固定した手作り道具です。
筆・歯ブラシ
普通に売られている水彩用の筆か普通の歯ブラシです。ただ塗るためだけに使うので、使い古しでもいいです。

サビには塗り置きが有効なんですよ。しっかりたっぷりとね。

だから、たっぷりとピッチレスコートを塗るためにスポンジは使わずに筆でいきますよー!

塗り置きに必須のキャップ注ぎ(笑)

ただただ注ぐだけ。

コツなんて無いです。こぼさないように。ってだけ。

こぼしてくれた方が、売る側としては早く注文もらえるからいいんでしょうが、もったいないんでね。

あとは筆につけて塗っていくだけ。

いつものように筆に付けて、

たっぷり塗って、

真っ白になるまで塗って、

ぬりぬり、

多少飛んでもぬりぬり、

細かいところもぬりぬり、

隙間もぬりぬり、

ぬりぬり、

ぬりぬり、

こうやって、ぬりぬり完了です。

ここまで塗れたらあとは、

30分くらい放置

です。

この放置が重要ですからね。

じっと見守っていても変化は分かりません。

その間に別の部分をお手入れしておきましょう。

サビを擦って落とす。

用意した竹串を使ってサビを擦っていきます。

柄の角っこを使います。

今回の竹串の使い方は、柄の部分を使います。

持ち方は、軽く握ることができれば、持ちやすければどうやってもいいです。

軽く擦るだけ。

ピッチレスコートの白い色が茶色くなってます。

もし、竹串のスベリが悪いときは、少しピッチレスコートを塗ってから擦ると、やりやすく効果も出ますよ。

スポンジでピッチレスコートを拭くと、

キレイに落ちました!

・・・

まだ、残ってますね。

そんなにキレイにはなってないです。

右側を同じようにやると、

同じような落ち具合ですね。

こんな仕上がりでは、

すごく微妙。というか、ダメです。

これはもっとキレイにしなくては。

塗り置きで落ちやすくなったサビをもっとしっかり落とす!

今度は、歯ブラシを使って落としますよ。

先ほどキャップに注いたピッチレスコートを付けて、ワッシワッシ擦ります。

写真の中では、

塗ってなかった部分にピッチレスコートが塗られてる!

とか

落としたサビが復活してる!

とかあるんですが、細かい部分は気にしないように。

写真撮ってる最中に手順が変わったりとか、色々あるんですよ(笑)

まずは右側の細かい部分から。

歯ブラシにピッチレスコートを付けました。まだブラシは白いです。

飛び散ってもいいように後ろにタオルを挟んでブラッシング。

こっち側の細部もブラッシング。

こすっていると感触も見た目も変わるはずです。

ブラシが茶色くなりましたね。サビですよ、これが。

タオルで拭くと、

イエイ!!

かなり落ちましたよ。

はじめと比べると、

明らかに違ーーーう!!

ここまで変わってくれると、だいぶ満足です(笑)

少し凹んだ部分に少し残ってますが、何回かやればこれなら落ちますね。

この調子で、先ほど微妙な落ち具合だった真ん中をやってみます。

やりかたは全く同じ。

歯ブラシにピッチレスコートを付けて擦ります。

色々な方向からブラッシング。

また茶色くなりましたよ。

茶色いピッチレスコートをタオルで拭くと、

3

ジャーン!ジャジャーン!!

どうですかこの仕上がりは(^^)

左側もいっちゃいます。

ここね。

ピッチレスコートを付けた歯ブラシでブラッシング。

ブラッシングが終わったら、

拭き取ると仕上がり。

途中から茶色くなったピッチレスコートをタオルで拭いてますが、スポンジで拭いてからタオルで拭いても、どちらでもいいです。

スポンジで拭いたのは、ピッチレスコートを再利用したかったからなので。

そこまでの厳しい決まりは無いです(^_^;)

仕上がりです!

交換したの?ってバイク屋さんに言わしめた仕上がり(笑)

一目瞭然。言葉はいりません。

あれ?他の部分の仕上げは?

他の部分にもピッチレスコートをたっぷり塗っていたのに、解説は?

って思いました?

もちろんちゃんと仕上げましたが、やり方がほとんど同じなのと、以前に紹介した「シフトロッドのサビ落とし」のやり方と同じなので、解説は省略しました。

他の部分の仕上げ方は、こちらで。

シフトロッドのサビ落としを解説。錆びてても諦めたらダメですよ!【ホンダ ホーネット】
無理かな?と思うようなサビの落とし方を知る! 今回は、ホンダ ホーネットのサビが浮いたシフトロッドをピッチレスコートでどれだけ綺麗になるかやってみます。 サビが浮いていても諦めない。 ガッチガチ...

今回のフロントキャリアのサビ落としを簡単にまとめると、

ピッチレスコートを使うことは基本ですが、どこでも手に入るような道具(竹串、歯ブラシ)を使って落とせます。

  1. ピッチレスコートをたっぷり塗る。
  2. サビにピッチレスコートが浸透するのを待つ。
  3. 竹串の柄や歯ブラシでサビを擦る。
  4. 残ったピッチレスコートをスポンジやタオルで拭き取る。

以前のサビ落としの時にも書いたことですが、

一度仕上げれば、素材の表面にピッチレスコートの膜(これを保護膜といいます)が出来上がります。

その膜は素材自体を保護し、サビを防ぎますので、その膜を維持するように時々ピッチレスコートでお手入れしてください。

あとは、ちょっとした道具とコツだけで仕上げていますので、誰でもできます。

ただし、金属やメッキに深く侵食しているサビは落ちないか、落ちにくいか、落ちても素材にデコボコが残ります。これはやってみないと分かりません。

ですが、パーツを交換する前に、諦めずに、是非、チャレンジしてください!

どの程度のサビが落ちるのかよく分からない時は気軽に質問してください。写真があればなお分かりやすいです。

よろしくね~(^^)

では!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから