ダイヤモンドクリーナーでガラスのウロコ取りをしたら傷が…【いろいろ相談室】

(相談)市販のダイヤモンドクリーナーで車のガラスのウロコ取りをしたら傷が入りました。どうしましょう…

年末の大掃除に時期になると、以前書いた「メラミンスポンジ」と同じくらい多く頂く質問です。

お風呂場の鏡に使ってみたらキレイになったから他にも使える、という理由が多かったですね。

でも、ダイヤモンドクリーナーは、本当に強力なので、

車のガラスやミラーに使うのは控えたほうがいいかと

説明書の裏にもかかれてますもんね。

自動車のガラスって書いてあります

これ、実際にやってみるとよく分かるのですが、軽く擦っても傷が入ります。

ガラスや鏡の表面に付いてしまったウロコ状の汚れや水アカは、これで落ちたとしても、ガラスや鏡の表面をも削ってしまう恐れがあるため、できれば控えたほうがいいと思います。

念のため、実際にガラスで試してみました。

ただ、身の回りにあるガラスや鏡には、残念ながら(なのか?)ウロコ状の汚れも水アカも付いていないものばかり。

何も付いていないガラスに使ったら当然傷が入るだろ、ウロコが付いたものでやらないと意味がない、なんて言われそうですが、参考にしていただければと思います。

ウロコなどが付いたガラスに使っても、ウロコが落ちてくれば当然ガラス表面が現れてきて、そのまま使い続ければ、そのガラスそのものも削ることになるので、これもアリ、ということで。

ダイソーさんで売っていたダイヤモンドクリーナー

和柄の波模様のような研磨面が付いたスポンジ

ブラックボードの上にガラスを載せて見やすいようにしてます

まずは、説明書きにある使い方で擦ってみます。

水を垂らして

軽い力でシュリシュリ擦って

残った水分を拭き取って終わり

擦ったのは白い円で囲った内側です。

傷は見えませんね

スポンジの横だけを持って、極力、力を掛けないように擦りました。

相当軽く擦ってますので、もしウロコが付いていたら、落とすのにだいぶ時間が掛かりそうな感じがしますね。

続いて、もう少しだけ力を加えてみます。

水を垂らしてからスポンジの上を軽く押さえて擦り拭き取ると

円内には傷が見えますね

続いて、さらに力を加えてみます。

先程よりさらに押さえ気味に擦ると

先程より傷が増えちゃいました

ちょっとした力加減の違いで、傷が入るか入らないかが決まるようなので、思ったよりシビアかもしれません。

力加減を練習してから使わないと危険ですね。

でも、これでは、この商品を普通に使っただけなので面白くありません。

せっかくなので、汚れ落とし効果があり傷が入りにくいと紹介してきたピッチレスコートを使って試してみましょう。

ピッチレスコートを

擦る部分に付けて

スポンジの横を持って

軽く擦ったら

残ったピッチレスコートをスポンジとタオルでキレイに拭き取ります

すると、こうなります

水を使ったときと同じように軽く撫でるように擦っているので傷は見えません。

左が水、右がピッチレスコートを使って擦った跡

続いて、力を少しかけます。

ピッチレスコートをたっぷり塗って擦ってキレイに拭き取れば

やっぱり傷が入りました

しかし、水を使ったときと比べて、傷は少ないような気もします。

左が水、右がピッチレスコートを使って擦った跡

続いて、

先程より押さえ気味に擦ると

水を使ったときと変わらない感じ

左が水、右がピッチレスコートを使って擦った跡

実際に入れた力を数値で測ったわけではありませんで、正確な比較にはなっていませんが、このようになりました。

軽く力を掛けた時だけ違いが少し出て、それ以上の力を入れてしまうと、変わらないんですね。

というわけで、やはり、力加減はシビアです。

結論としては、

説明書きにある通り、車のガラスや鏡には使わない方がいいです(^^)

ウロコは落ちるけど同時にガラスや鏡にも傷が入る可能性が高い、ということなので、もし使う時は慎重に。

また、始めから力を入れて使うのではなく、まずは力を入れずにやるようにしてくださいね。やる時は。

何事もこれが基本です(^^)

最後になりましたが、この質問の回答は、

傷が入ると、もうどうにもなりません

いくら傷を埋めてくれるピッチレスコートであっても、無理です(^_^;)

研磨してもらうしかないでしょうね。

ということでした!


また皆さんに参考になりそうな質問・相談を頂いたら、このブログでお答えしていきます。

それではまたお会いしましょう。

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから