出張洗車ではどこまでやるのか?【いろいろ相談室】

(相談)出張洗車ではどこまでやってくれるんですか?

出張洗車を検討してくださる方から多く頂く質問です。

ほとんどの方に聞かれるといってもいいくらいですね。

お答えとしては、

ボディ、タイヤ、ホイール、窓ガラス、車内、基本的に全てです

出張洗車
「出張洗車」の記事一覧です。

このように「全て」と書くと、どこまで細かくやるか気になるところですが、例えば、給油口のフタを開けた内側とか、ボンネットを開けた裏側とか、やろうと思えば細かいところまでできます。

でも、

そこまでやってしまうと、確実に時間内では終わらない

初めてお手入れさせてもらう車やバイクの場合、大きさや細かさにもよりますが、だいたい5~6時間で仕上げます。

お客さまから聞かれて

初めての場合は5~6時間ですね

って答えると、

え゛ー!そんなにかかるの?!

いつもこんな感じです(^^)

かなり時間をかけるような感じがしますが、実際は、それだけ時間をかけても細部まではできません。

できたとしても、ドアの内側や給油口くらい。

だから、厳密に言うと、全部と言えないのかもしれませんね。

 

そこで、定期仕上げの出番です。

定期仕上げというのは、毎月1回、毎月2回、のような定期的にお手入れをする方法です。

定期的にお手入れすれば、比較的きれいな状態が維持できる(乗り方や駐車時の状態にもよります)のですが、他にもいいことがあります。

定期仕上げの場合だと、1回限りで終わらないので、もし今回の洗車で給油口まで仕上げができなかったとしても、次回、まだ手を付けていない部分の仕上げができたりします。

初回に比べて、2回目の洗車の場合は、初回ほどの時間がかからなくなってくるので、5~6時間もかかりません。

だいたい、2~3時間といったところでしょうか。

まあ、時間が半分にならなかったとしても、多くの場合が、初回より早く仕上げが終わるので、時間に余裕ができます。

そのできた時間を使って、給油口などをもキレイにしてしまうんですね。

せいぜい10分とか15分とかそれくらいです。

給油口なんて毎度毎度時間をかけて仕上げるほど汚れるものではありませんので、一度仕上げてしまった後は、何分もかからずにキレイになってしまいます。

だから、その次の仕上げの時は、給油口以外のトランクの内側などを仕上げることができます。

これをを繰り返すことで、

ちょっとずつ細部もキレイになっていくのです

長期間定期仕上げをしているお客さまの車やバイクは、1回の洗車では到底そこまでキレイにできないってほどの状態になっているんです。

ドアの内側(ボディ側)も

ドアの内側(ドア側)も

トランクの内側も

 
 

というわけで、出張洗車での基本は全体仕上げ、そして、定期仕上げでは細部も少しずつ仕上げる、ということです。

…ちょっと分かりにくかったかも(;・∀・)

タイトルとURLをコピーしました