黒色鉄ホイールのお手入れ方法をご紹介。【仕上げの参考書・記事紹介】

ようやく黒色の鉄ホイール(いわゆる鉄チン)のお手入れ方法をまとめることができました。

正直、写真ばかりで長いので、流し読みしていただけるとすぐに読めます。

どうしても誤解のないようにしたいと思うと、写真が多めになってしまうので、そのへんはご了承いただけると助かりますw

黒色の鉄ホイールの汚れを除去。交換時ならホイールキャップに隠れていた部分や裏側もできる。
黒色の鉄ホイールの汚れの落とし方をご紹介します。冬タイヤに交換するとき、またはその逆のときも、取り外したときこそホイールキャップに隠れていた部分や裏側をお手入れすることができますので、ぜひとも、タイヤ交換のタイミングにやってしまいましょう。

タイヤ交換をする時期になると、こういったことが必要になってくるので、億劫に感じてしまう人も多いと思います。

クリーティングコートでホイールをお手入れするとなると、ピッチレスコートを使いたくなってしまいます。

もちろん、ピッチレスコートでしっかりガッツリお手入れすることができますが、作業の手間と時間がかかってしまいますので、今回はP8コートを使った、ある意味、手抜き?なお手入れ方法をご紹介しました。

やっていることは、タオルで軽く汚れを払い、P8コートを吹きかけ放置、乾いたらタオルで拭き取る、たったこれだけの作業です。

放置して乾かすという工程がありますので、作業が終わるまでの時間はかかりますが、その間は放ったらかしなので、それほど手間はかかりません。

1点注意してもらいたいのが、タイヤ交換をするときに、P8コートで覆われたホイールとタイヤがツルツル状態になっているので、持ち上げた時に滑って落とさないようにご注意ください。

また、P8コートが付いた手で触ったモノもツルツルするようになるので、車のハンドルやキーを握るときは、まず手を洗うかウェットティッシュなどP8コートの成分を落としてから触るようにしてください。

さて、明日は1年ぶりのお客さまのところに伺って洗車をしてまいります。

もう知り合ってから10年経ちますが、それ以来お会いするのが年1回ペースなので、まだそれほど会話したこと無いんですよねw

それでもずっと覚えていてくれるなんて、ありがたいことです。

しっかりやらせていただきますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました