デスクワーク用のイスを入れ替え。とても汚れが目立つ白色をチョイス。

2回ほどどこかで紹介したデスクワーク用のオレンジ色のイスが限界を超えました。

色も明るいしフェイクレザーでいい感じだったのですが、部分的に変色もあり少し強めに押しただけで破れるようになり、見た目ボロボロ。

裂けて破れてボロボロ
浮いて裂けてます
部分的に変色が激しい
そんな座面でも黒い汚れは落ちましたw

フェイクレザーが苦手とする水分と日光(紫外線)に気をつけていましたが、3年でここまでになるとは、ある意味想像以上です。

また、座面のクッションがヘタって固くなり、そのまま座ると尾てい骨が痛み始めるくらいガッチガチ、クッションを敷いても長い時間座れなくなりました。

作業を1時間したら休憩を10分、みたいに途中で休憩をはさみながら作業をするためには長い時間座れない方がいい(強制的に休憩がとれるw)のですが、痛みが出るのでこれはマズいかと。

そこで、入れ替えです。

他にもうひとつ入れ替えの理由がありますが、それはまた別の機会に。

以前書いたように次はゲーミングチェアにしようかと考えておりましたが、狭い作業部屋にあの大きなイスはちょっと…となりましたので、また似たようなものにしました。

そして、これまでとは違う色にしようということで、初めて白色を選んでみました。

明るくて一番汚れが目立つ色です。

座面も何もかも白いやつです
今回のこの肘掛けは以前のもののように変色するのでしょうかw

もうお分かりですね。

クリーティングコートの餌食にするためですw

時間をかけて汚れた状態に育てるのです。

革のジャケットやパンツ、濃い目の色のデニムで座ると色が付きやすいので、これからは色が付きやすいデニムを履いて座ってみましょうか。

濡れた革やデニムだとシミになってクリーティングコートでは対応できなくなる恐れがあるので、それはできない…と思いましたが、落ちない例、落ちにくい例ということで紹介するのもよさそうです。

ひとまず、しっかり汚れるまで育てることにします。

今回用意したイスは新品なので全体的に状態がキレイですが、一部破れや汚れがあったのでちょっと残念でしたね。

組み立ても、ネジが短めで固定しにくかったりネジがキレイに切られていなくてハマりにくかったり色々ありましたが、そこは持ち前の器用さを…強引さを発揮して無事組み立てられました。

ちょっとした破れ
汚れも付いてました

お値段もお値段でしたので想定内です。

ちょっとだけ付いていた落ちそうな汚れを落としてみたところ、まことに残念ではありますがP113-IIでは対処できませんでした。

P113-IIで落としてみたら
ちょっと薄くなっただけでした

でもよく見ると何か様子がおかしい。

拡大してよく見たらキズっぽくなってました
拡大鏡で見たらねっとりとした何かが付いてて細かいえぐれた跡が見えます

キズになっているように見えるので、これはこのままということでw

他にも、汚れが落ちる落ちないなどいくつか試したいことがあるので、それも同時にやっていこうと思ってます。

そして、試すにはいくつか用意しないといけないものがでてきましたので、それも探して購入して…と、何だか大掛かりになってませんかねw

ま、実験ということで楽しみにイスの汚れを育てたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました