家庭や会社で出た不用品の処分先はどうやって決める?

相変わらず、事務所や自宅の不用品を見つけては処分してを繰り返していますが、まだまだ出てくる不用品。

どこに、こんなにたくさんあったのか不思議なくらい出てきますね。

今日も何点か処分しましたが、あと何回引き取りにきてもらうことになるんでしょうね。

今日は大物を多数

行政では処分できないブラウン管テレビやパソコンもいくつかあって、全部処分するまでには、まだ時間がかかりますね。

テレビやモニタの一部

中には、誰かが欲しそうなものもあるから、あそこに出品してみるのもいいかもしれませんね。

不用品を処分しようとしていると、よくポストにこんなチラシが入ってることに気づきます。

普段は、処分のことなんて頭にないから目につかないだけで、処分することを考えてる今だから目につくんでしょうね。

一昨日もポストに入ってました。

こういったチラシね

これを見ると、テレビ以外の処分したい品目もたくさんあって、すごく魅力的なんですが、引っかかる点というか、不安な点がいくつかあって、

連絡先が携帯電話だし、担当者名だけで所在地や社名が無い

このチラシからは、業者さんがしっかりしたところなのかどうなのかは全く判断できませんね。

中には素敵な業者さんもいるはずですが、分かりません。

怪しい業者だったりすると、ブラウン管テレビやエアコンなどの処分費用(リサイクル料なども)を受け取っているにもかかわらず、不法投棄するようなこともあるようですから。

これじゃあ、せっかく不用品が処分できて部屋も片付いたとしても、気分悪いでしょ。

だから、そんな不安をなくすために、こういった業者さんには、悪いですが出しません。

以下のお話は、上のチラシの業者さんのことを言っているのではありません!
お間違えのないように!!(`・ω・´)ゞ

もう20年近く前になるでしょうか。

不用品を車で巡回して回収している業者に、壊れたパソコンを出したことがありました。

スピーカーで流しながらゆっくり走っているアレです。

無料で引き取ってくれるということだったので、回収してもらったのですが、その車にパソコンを積んでロープで縛ってから、料金を請求されました。無料ということだったのにね(^_^;)

処分は無料だけど、運搬費用が掛かると

なるほど、そういうことだったのですねー

勉強になりました。

明朗会計ではなかったです。

そのパソコンを修理して売るのか、処分するのかは分かりませんが、処分するにしても正しくやるのか怪しいものです。

おかげさまで、ソレ以降は、何かを処分する際は、巡回して回収する業者には出さないことにしました。

こんな怪しい業者はごくわずかなんでしょうが、みなさんも何かを処分する際は、慎重に業者を選んでくださいね。

ところで、先ほど、担当者の名前と携帯電話番号しか書いていないチラシを紹介しました。

所在地も無く、固定電話でもない業者?なんだかさっぱりわからないところに依頼することは、非常に不安がありますよね。

自分たちも、洗車などのお客さまを増やすためにチラシを配ることがありますが、そんな不安が無いように、所在地も固定電話番号も名前もはっきりさせたものを配ります。

新しく洗車ビジネスを始める人の中には、固定電話を持たない人もいますので、そのような人は携帯電話番号を使おうと考えるのですが、携帯電話番号では、チラシを見た人もホームページを見た人も不安に感じることがあるので、必ず固定電話を用意してもらいます。

03から始まるから東京だな、ってのがわかるだけでも安心感があるので、固定電話番号、IP電話番号(050ではなく、03や06などから始まる番号に限る)、フリーダイヤル番号を使ってください。

それにプラスして、携帯電話番号も併記するならOKです。

携帯電話番号を使ってLINEやSMSで連絡なんてこともありますからね。

あと、安心してもらえるように、顔写真や手書きのメッセージを入れたりなんかします。

このへんのことは、講習でもっと詳しく解説しますので、そのときにでも。


話はそれましたが、とにかく、受け取った人を不安にさせるようなチラシはダメですよ!

あと、粗大ごみをまとめて出すのは大変なのでこまめに出しましょう!

ってことをお伝えして、終わります!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから