撮った写真はすぐに整理。整理する写真が増えると地獄です。

出張中の合間に、写真を撮りながらガラスのお手入れをしてみました。

以前から撮りたかった飾りガラスとすりガラスについて、一部ピンぼけな写真もありましたが、比較的分かりやすく撮れたんじゃないかと思ってます。

日々、まぜこぜな写真が増える

ガラスのお手入れの際に撮れたのは、それぞれ300枚ほど。

普段より少なめですが、飾りガラスとすりガラスのそれぞれのお手入れを並行して行っていたので、写真がまぜこぜな状態になっています。

窓ガラスコートは、塗ってから少し時間を置いて乾いてから拭き取るので、乾かす時間=待ち時間があります。

施工手順を撮影するときは、普段の窓ガラスの施工時より多めに塗って、塗った状態や乾いた状態をはっきり見える状態にして撮るので、さらに乾くまでに時間がかかります。

冬に向かうこの時期はさらに乾きが遅いです。

その乾くまでの間は、早く乾かないかなぁ、まだかなぁ、なんてぼーっと待っていても仕方がないので、すりガラスの施工で待ち時間があるなら飾りガラスの施工&写真を撮って、飾りガラスの施工で待ち時間があるならすりガラスの施工&写真を撮るといった感じになり、写真がまぜこぜな状態になるんですね。

後から撮り直したものがある場合はさらにぐちゃぐちゃ。

こうなると、写真をパソコンに取り込んだ後は、必ず写真の整理が必要になります。

撮影したら早めに整理

いまパソコン内にある写真は8万枚ちょっと。

過去に撮ったもので、あまり使うことがなさそうなものは、外付けドライブやブルーレイディスクなどに保存してあるので、これまで撮った枚数は…もうよくわかりません(笑)

今よく使いそうな写真だけパソコン内に入れてる感じですかね。

ただ、そのうち2割ほどは、まだ整理できていません。

忙しいと言いながら、ひとまず撮ったものをフォルダにただ放り込むことが”よく”あるので、残念な状態になってます。

写真の整理は、枚数が増えれば増えるほど骨の折れる作業になっていきます。

度が過ぎると地獄です。

ですから、これから洗車ビジネスにしても、ワックスの販売にしても、どんなことをするにしても、写真を撮ったらできるだけ早く整理することをオススメします。

時間が経ってからでも整理はできますが、しっかり手順通りの番号を振りたいときは、撮影したときのことをよく覚えている時にすぐにやるべきですね。

案外忘れるもんですよ(笑)

先月お会いした開業希望者さんにも、しっかりバックアップが取れるように、大きめの外付けドライブを用意してもらうようにお願いしました。

とにかく気になったものの写真をバシバシ撮っていると、すごい勢いでデータが増えていきますが、あの時撮っておけばよかったなって後悔することが減るので、どんどん撮ってください。

ピンぼけの写真でも、稀に使えることがあります(笑)

そして、どんどん整理整頓してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました