見方を変えると何事も楽しくなるし面白い。PCが落ちた直後の再起動画面は見るのも嫌なもののはずなのに…

わたくしが今使っているMacさん、あまりハードに使い過ぎると拗ねます。

いいところまで行っているときに限って拗ねるのです。

あーーーーーーーっ!

拗ねる直前の前兆は、動画や音楽を流していた場合は壊れたレコードのようになり、マウスもキーボードも反応しなくなって、その数秒後にファンが急にブォーン!となり直後落ちます。

その間数秒、マウスのポインタが動かない?ポインタどこに行った?なんてやっている間にすぐに落ちるので、対処はできません。

あまりに作業に集中してしまうと他のことまで気が回らなくなり、Macさんを放ったらかしにした結果、拗ねてしまうのです。

それでもサブマシンも使って処理が集中しないようにしているつもりなんですけどね。

先日、この状況をちらっとFacebookでつぶやいたところ

こんな返信をいただきました。

たしかに見方を変えるとそう見えますねw

再起動した直後はアップルマーク以外は何も表示されず、再起動直後のまだログイン画面が出る前の画面なので、ある意味、映画のエンディング画面といかゲームのGAME OVER画面といってもよさそうです。

これまで映画のエンディングなんて見方したことなかったです。

この画面を見るのはガッカリしている時か怒っている時なので、冷静には見てないですからw

もう少し冷静になりたいですが、なかなかそうもいかないものです。

こんな素敵な見方ができる澄んだ目を持つ人は、何をやっても楽しい気がします。

濁った目をもう少し浄化してみますw

そして、もっと負担を減らせるように、もう一台Macさんを迎え入れたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました