お世話になったヘルメットの処分。不燃ごみ?粗大ごみ?

これまで使っていたバイク用のヘルメットをまじまじ見ていたら、見た目からしてボロボロだし機能的にも限界を超えているんじゃないかと勝手に判断して、処分することにしました。

左:12年 右:6年使ったヘルメット

1つは開業当初から使っていたアライのヘルメットで、長年お世話になりましたが全体的に疲れてきったご様子。

もう1つは東京で使っていたものを沖縄へ持っていき使っていたもので、しばらく放置していたら内装がカビだらけになってしまいましたので、もう被る気にはなれない状態。

どちらも被るには少々難ありかと。

今は1年前から白いやつを被っているので、どちらも全く使わなくなりました。

案外、ヘルメット保管するのって場所を取るし…

古いけどい限定販売されたものや観賞用になりそうなものなら飾っておくのもいいですが、あれですからね(^^)

そんなことで、このたび処分です。

ヘルメットの処分方法

処分といっても、不燃ゴミの日に出していいものか分からなかったので、処分方法を調べてみました。

※江戸川区の場合ということで。

  • 30cm未満なら燃やさないごみ(不燃ごみ)
  • 30cm以上なら粗大ごみ

こんな分け方でした。

長さ、幅、高さのどれかが30cmを超えるか超えないかが基準のようです。

実際にサイズを測ってみると、一番長い部分はどちらも微妙に30cmオーバー。

4cmオーバー
3cmオーバー

ですが、シールドを外して別々に処分すれば、30cm未満(^^)

バッチリ
シールド外すとボーリング玉のみたい

これで不燃ごみで処分することができますね。

解決です!

フルフェイスだったら確実に30cmオーバーでしたね。

アライさんによると、事故等で強い衝撃が加わったものはダメですが、 シートくらいの高さから落としたくらいなら問題無しということで、落としても擦り傷が付いたくらいならまだ使えるということらしいです。

オートバイのシートから、または、手に持っていた程度の高さから、不注意で落としたくらいでは、たとえ地面がコンクリートであっても大丈夫です。外観の塗装がはがれる程度なら、安全性能に問題はありません。ただし、走行中に転倒して衝撃を受けたり、故意に地面に叩き付けるなどしてシェルに傷を負うような衝撃を与えた場合には、使用しないでください。

アライヘルメット ヘルメットを地面に落としてしまったけれど買い替えなければだめでしょうか?

ただし、3年を目安に買い替えをお勧めしてました。

アライヘルメットでは、SGマーク(製品安全協会の被害者救済制度)の有効期限(ヘルメット着用開始から3年)を目安に、お買い替えをお勧めしています。

アライヘルメット 昔のモデルの内装交換はできますか?

アライさんもSHOEIさんもOGKさんも、どこも同じようにSGマークの有効期限を目安に、ということでした。

開業当初から使ってたヤツはもう12年…

ヘルメットは消耗品なので定期的に変えることにします(^^;)

暑い日も寒い日も雨の中も雪が舞う中も頑張ってくれたヘルメットさん、お疲れさまでした。

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから