六角形の箱を作る難しさ。ダンボール屋さんなら楽勝で作っちゃうんだろうな。

クリーティングコートの注文をいただくときに、時々バケツも一緒に注文してくれる方がいます。

こんな密閉できるバケツですね。

容量は6Lと少ないと思いきやこれで十分
蓋がついていて密閉できるバケツ

バケツ1杯の水洗いだと、タオルとバケツと水が必要になりますが、バケツはどんなものでも水が溜まりさえすればどんなバケツでも構いません。

あえてこのバケツを使う必要はありませんが、バケツに水を入れて洗車しやすい場所まで行って洗車するときはバケツが重要です。

普通のバケツで頑張っている人の中には、2Lのペットボトル2~3本と普通のバケツを持って出かける人もいます(^^)

でも、それだとちょっと面倒だしスマートじゃないということで、オススメしているバケツを使う方がいらっしゃるのです。

この密閉できるバケツ、円筒形なので丁度いいサイズの箱で発送すると四隅のスペースが余っちゃって面白くないんです。

だから、丁度いいサイズのダンボール箱を見つけてちょっとだけ改造して梱包してますが、改造が難しい。

円筒形なので少なくとも六角形にしたいですが、蓋と底に塞ぎきれない穴ができちゃいます。

微妙に穴が空くのです

この穴を埋めようとすると、今度は高さが足りなくなって蓋が閉まらなくなるという厄介な問題に直面します。

困りました。

こうやって別のダンボールで蓋をする手もありますが、全然スマートじゃないんです。

なんだかイマイチ

さあ、このダンボール六角形問題をどうやって解決しようか、また一つ悩みが増えました。

どうでもいいことに無駄な時間使って何やってんだ自分は…と思いながら、梱包の奥の深さを感じた1日でした。

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから