危なーーーい!のかな?この蜂の巣って。

少し前に、仕事用の軽バンを手に入れました。

営業車(三菱ミニキャブ)

岐阜で、長いこと前オーナーさんに大切にされてきた車です。

納車後に、この車をお手入れしていた時の話。

ボディからはじまりタイヤ・ホイール、窓ガラス、内装の順でキレイにしていくのですが、タイヤの仕上げに差しかかった時、タイヤの奥に何かあることに気付いたんですよね。

ホイールハウスの奥

何かありますね。

実際も同じような暗さだったので、何かあることだけわかります・・・分かるかなコレ。

ま、何かのパーツだろうなって、触ってみたんですよね。

気軽にね。チョイチョイって。

弾力あるんですよ。ちょっとザラザラしてて。

で、懐中電灯で照らしてみたんです。

それが、これですね。

ホイールハウスの内側に何かあることを発見

・・・

何でしょね~、コレ。

蜂の巣ですねー

・・・

ん~~、蜂の巣~~(*´∀`*)

・・・

・・・

蜂に効くか効かないか分からないけど…

・・・

取り除いた蜂の巣

・・・

ここまで一気にいきましたよ。コワイから。

でも写真は撮っちゃいますね。

刺されたら針が貫通しそうなゴム手袋はめて、効くか分からない蚊・ハエ用の殺虫剤をブッシュブッシュ掛けながらね(^^;)

今、殺虫剤の効果・効能を見たら、「蜂」は入ってなかったです・・・実は危なかった?

そもそも手で触った時点で危なかった?

幸い、古い巣のようで、中に何もいなくて良かったですけどね。

この巣、ずっとくっついてたんだなー

岐阜で手にれたこの車、納車後すぐに東京へ持って行きました。

東京まで雨の日に高速道路で移動ましたが、東京・岐阜間は約400km。その間、ずっとあの場所にくっついていたことになります。

傘の先っちょのように細くなってる部分ただ1点だけでくっついていたのに、です。

超強力です。

どおりで簡単に剥がせなかったワケです。

感心。

今回の経験で少し賢くなった。と思う。

駆除した巣の大きさは、拳より一回り大きいくらい。

調べてみると、この巣は、どうやらアシナガバチですね。

懐中電灯で照らすのもダメらしいです(^^;)

・・・知らないってコワイです。

次に蜂の巣に出会ったら、忘れてなければ、もっと的確に動けるんでしょう。

過去にも小さな蜂の巣なら駆除してるはずなのに、おかしいなー、バタバタして。

次もバタバタするはずです。

蜂には気をつけてね!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから