ピッチレスコートを使い始めると分かること。こぼさないでね。

水・木・金は、みっちり洗車デーなんですが、今日は雪が舞ってましたねー

洗車はキャンセルでした(・∀・;)

1日コツコツ梱包です。

今日は、ちょっとしたコツをご紹介しましょう。

ピッチレスコート、ちょいちょいこのブログでも登場するワックスですが、

赤いボトルのヤツ

このピッチレスコートは、他のワックス(窓ガラスコートなど)と比べて、キャップが異なるため、こぼしやすいです。

他は、穴の空いた中栓が付いててるものや、洗剤のようなプルキャップやスプレーなので、倒しても容器を滑って落としても被害は少なくて済みます。

こぼしにくいキャップ

ですが、ピッチレスコートはキャップタイプなので口が大きく、こぼすと大ごとになってしまうのです。

ジャバーってね

もったいないし。

だから、こぼさない方法をアドバイスします!

全然大したことない情報ですが、お試しくださいませ。

毎回フタをしっかり閉める

これが一番確実です。

スポンジに1度つけたら、フタを閉める。

付けたら閉める。

これなら、こぼす心配はありません。

時々容器を振ることもできるので、心配なく確実なんですが、

ものすごい面倒くさいんです

だから、仕上げに熱中してしまうこともあって、自然と閉めなくなっちゃうんですよね。

それでビチャーっとなって悲しくなる。

ですから、面倒くさがりじゃない人で、熱中しても気が配れる人なら、この方法でいきましょう。

熱中しちゃうとこれは難しい・・・って人は次がオススメ。

別容器に移して使う

小さな80ml入りの容器なら容器内に少し余裕がありますが、220ml入りの容器は、口までとはいかないものの、かなりパンパンに入ってます。

新品に近い状態で1度でもこぼすと、エライ目に遭います。

ですから、このような目に遭わないために、

小さな容器に少量移し替えて使う

これだと容器を倒しても、容器を落としても、被害は少なめです。

小さな容器といっても、無料サンプルほど小さいと、少し使いにくいので、80ml入り容器ほどの大きさが丁度いいですね。

もし、ピッチレスコートを使い切って、2本目を購入された際は、使い切ったボトルは捨てずに、少量移し替える容器として使いましょう。

初めてピッチレスコートは空き容器が無いので…いい容器を探してみましょう。

100均でも手に入るような、ポリエチレン製の100ml容器なら、問題なく使えるはずです。

容器の底やパッケージに「PE」って書いてあるやつですね。

ここでは「PE」を推しましたが、「PET」でも「PP」でも破裂したり溶けることはありません。

もし探しても無ければ、「PET」や「PP」で代用してもいいでしょう。

そして、移し替える量は、少なすぎると、うまくスポンジに付かないので、容器の1/3ほどがいいですかね。

あと、口のサイズは同じくらいのヤツがいいですよ。

大きすぎても小さすぎても付ける量が変わっちゃいますから。

軍手をはめて使う時は要注意

スポンジのクリーニングも兼ねて軍手をはめて使うこともありますが、両手に軍手をはめて使うときは、

容器がすっぽり抜け落ちることがある

ので、しっかり握って容器を持ってください。

容器にはピッチレスコートの成分が付いてますので、スゴく滑るんです。

新品の軍手で容器を持つと効果てきめん、ツルッツルです。

それに、スポンジで撫でたりタオルで拭くことに熱中すると、握る力が弱まるんですよね。

容器に入っている量が少なければまだいいのですが、量が多いときは少し重みもありますので、より落としやすくなります。

なので、別容器に少量移し替えながら、容器をしっかり握って使うようにしてください。

足元に置くときも細心の注意を

手に持たなければ、こぼさずに済むってことで、容器をボディの下に置いちゃう人もいます。

自分みたいに。

でもこれ、蹴飛ばして大惨事になりますから。

蹴飛ばさないように足が届かなそうなボディの下に置いても、使っているうちに徐々に蹴飛ばす位置まで近づいてきます。

その都度、ボディの下の方まで手を伸ばすのが面倒になってくると、足元に近づいてくるんですね。

そして、その時が訪れます。

倒れる時の、あの「ポトッ」って音、怖いですねー嫌ですねー

別容器に少しだけ入れていれば、少しは被害が少なくて済むかも。

だから、もし足元に置く場合は、別容器に少し移してから置くのがいいかもしれませんね。

こぼしてもらえると、こちらとしては再購入してもらえるチャンスです(^^)

でも、それでは面白くありません。

しっかり使って愛車でも住まいでもビッカビカになった結果、少なくなるってのが理想なので、そういった理由での再購入は避けたいです。

ですから、上で挙げた方法でも、それ以外の方法でも、こぼさないイイ方法があれば、それを使って、できるだけこぼさないように使ってくださいませ。

フタを開けた容器を手に持ったまま、例えば脚立に登ったりスポンジを持ち替えたりすると、最悪、頭からかぶることもありますから、注意しましょうね。

仕事中に作業服に何度かけたことか・・・


さあ、今晩から週1回の夜勤です。

予報では雨か雪!

修行が続きますねー

夜勤が日々キツくなってきたから、そろそろ潮時ですかねー

って普段夜更かししすぎなのが原因っぽいですが…

ではまた!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから