窓ガラスコートが拭き取りにくい、キレイにならない。そんな時の対処方法です。

窓ガラスコート全般でのお話です。

窓ガラスコートは、汚れや油膜を吸着・除去して透明感をアップしてくれる、自分たちで絶賛すると胡散臭いですが、スグレモノです!

効果のほどは、以前の記事を参考にしてくださいね。

窓ガラスコートをメガネに使うという発想。結局はガラスやプラスチックだから使えないはずがない。
そういうことです。 メガネのレンズには、ガラスレンズとプラスチックレンズがありますが、どちらも、透明感を出して清潔に保つなら窓ガラスコートです。 メガネを掛けてる人はよーーーく分かるんですが、 ...
窓ガラスコートをスマホに使うという発想。結局はガラスやプラスチックだから使えないはずがない…ん?以前にも似たタイトルが…
以前書いた、 のスマホ、携帯電話、タブレット版です。 スマホ、携帯電話、タブレットの画面を、透明感を出して清潔に保つなら窓ガラスコートです。 一度、窓ガラスコートでお手入れすれば、汚れが...

こんな効果があって使いやすい窓ガラスコートですが、時々、キレイにならない時があります。

そんな時の対処方法があるので、解説しましょう。

まずは、大きく分けて、できることと、できないこと

できることは、

  • 油膜や汚れを落としてキレイにします。
  • 透明感をアップさせて、見やすくします。
  • 撥水効果によって雨・雪の日の見易さを確保します。
  • ワイパーを使う回数が減ります。
  • 汚れが付いても落ちやすくします。

反対に、できないことは、

  • 飛び石やワイパーの擦り跡は取れません。
  • うろこ状の雨ジミは取れません。
  • 半年とか1年とか効果を長期間保持できません。
  • 撥水効果はありますが、ノンワイパーはできません。
  • 曇りを比較的早く解消できますが、曇りを止めることはできません。

こんな感じです。

できるはずのことができないのはなぜ?

この中で、油膜や汚れを落としてキレイにする効果はあるものの、実際に使ってくれた方から、

塗ってからタオルで拭き取っても油膜のようなものが残ってしまう

キレイに拭き取れない

という質問をもらうことがあります。

普段から解説している方法であれば、まずそのようなことは無いので、何か使い方を間違っているか、ちょっとしたコツが必要な特殊な汚れなのか、そんな感じだと思います。

ですから、そこを解説していきましょう。

ただし、中には、どうやっても落ちない汚れ(のようなもの)もあるので、そんな場合は除きます。

全ての汚れが落とせるなんてことは無いので。

逃げですね(^^;)

【原因1】乾いていない!

窓ガラスコートは乾きながら汚れ・油膜を吸着させるので、乾いていない状態で拭き取ると、効果が発揮されません。

全然乾いてません。これでは…

それどころか、逆に汚くなります!

タオルも湿気るし、いいことありません。

ですから、

必ずしっかり乾かしてから拭き取る!

基本の基本ですが、これ重要です。

【原因2】汚れが多すぎて処理しきれない!

まず、初めてお手入れする窓ガラスには、手垢、皮脂、タバコのヤニ、ホコリなど色々な汚れや、何かしらの匂いの成分・物質も付いてます。

そして、汚れの他に、窓ガラスクリーナーや洗剤の拭き残しなど油膜の原因になる物質も付いてます。

こんな汚れがたくさんついていると、窓ガラスコートを1回塗って拭いただけでは、取り切れないことがあります。

残った汚れがスジ状に。

1回塗った窓ガラスコートの成分が、全ての汚れを吸着しきれなかったために、汚れが残ってしまったということですね。

こんな時は、

窓ガラスコートを塗る前に水で濡らしたタオルで拭いておく!!

です。

濡れたタオルで落ちる汚れを粗くザッと拭いておくだけで随分変わります。

特に、タバコのヤニが多く付いている車の窓ガラスの内側は、効果がありますので、一度拭いてみてください。

洗剤は使わず、水だけにしてくださいね。

洗剤で油膜を付けてしまう恐れがありますから。

その後に、窓ガラスコートを塗って、乾いたら拭き取ってみましょう。

水拭きした時は、完全に水滴を拭き取る事は(たぶん)できませんが、水滴が少しであれば、完全に乾いた状態でなくても、その上から窓ガラスコートを塗ることができます。

それでもキレイにならない時は、もう一度、窓ガラスコートを塗って乾いたら拭き取ってみましょう。

それでもだめならもう一度。

それでもダメなら、連絡ください!考えます!

・・・前にも同じこと書いた気がしますね(^^;)

ここで注意!

一度に窓ガラスコートをジャブジャブ塗ったとしても、効果はさほど変わりません。

塗りすぎ。

多すぎても少なすぎてもダメ。

適量か、少し多めの量を塗るようにすることです。

【原因3】道具が汚れている!

使う道具は、窓ガラスコートの他に、スポンジ、拭き取り用タオル、すべり止め付き軍手(超ミニボトルを使う時は軍手は使いません)ですが、

この中で、スポンジ、拭き取り用タオル、すべり止め付き軍手のどれかが汚れていると、窓ガラスコートはキレイに拭き取れません。

使っていくうちにタオルは汚れます。

また、拭き取り用タオル、すべり止め付き軍手が湿っていても、キレイに拭き取れません。

なので、

汚れが少ないスポンジと、汚れが少なくて乾いているタオル、軍手を使う!!

これです。

スポンジもタオルも軍手も、使っていくうちに少し茶色くなっていきます。

この茶色いものは、窓ガラスコートが汚れを吸着したものですが、この物質が多くついていると、ガラス面に残っている窓ガラスコートをキレイに拭き取れません。

タオルが茶色い物質でお腹いっぱいになってるんですね。

ですから、

窓ガラスコートが拭きにくい時は、タオルを折り返してキレイな面を使うか、汚れたタオルを洗うか、新しいタオルを使うようにしましょう。

スポンジもタオルも軍手も、多少茶色くなった状態でも、大丈夫です。

度が過ぎた茶色さになっていたら要注意です。

【原因4】タオルが新しすぎる!

上で、タオルは汚れが少なく新しいものを使うようにお話しました。

ですが、

新しすぎてもキレイに拭き取れないことがある!

タオルの繊維には、少なからず糊が付いてます。

新しいタオルを使った時、お風呂上がりに体が拭きにくかったことありませんか??

水が糊に阻まれて吸収されないんですね。

弾かれてタオルに水滴が乗っかることもあります。

新しいと拭きやすいと思いきや…

この糊が邪魔をして、キレイに拭き取れない可能性があるので、

もし拭き取りにくい時は、

タオルを水でもいいから、もみ洗いして陰干しする!

これだけでかなり変わるでしょう。

陰干しする時は、パイルが立つようにしてから干してください。

うまく言葉で表現できませんが、タオルをどこかに打ち付けるようにすると立ちます。

・・・表現が難しいですね(^^;)

パイルが立つようにする方法は、以前書いたので、参考にしていただければ。

水洗いのタオルってどうやって保管すればイイ?この時期に特に増える質問ですね。
バケツ1杯の水洗いでは、水とタオルしか使わないので、洗車の準備も、洗車も、後片付けも、全部楽ちんなんです。 準備はバケツに水を入れてタオルを濡らすだけ。 洗車中は、ご存知の通り?2枚のタオルを交互に使って水滴...

最近では、糊を落としてあるタオルもあるようですが、拭き取りしにくかったら、これをやってみてください。

もし、超ミニボトルに付属のミニミニタオルが拭き取り難かったら、同じように洗ってみてください。

【原因5】湿度が高すぎる!

仕上げている場所の問題ですが、霧が出たり、台風が近づいたときのようにボディや壁まで湿るような湿気の多い時は、キレイに拭き取れません。

こんな時は、

仕上げている場所の湿度が下がるのを待つか、エアコンや除湿機で湿度を下げてから仕上げる!

朝露や夜露が付く時期・時間帯の場合も同じです。

これはイメージです。息をかけて曇らせました(^^;)
でも、こんな雰囲気です。

青空駐車場の場合なら、冬ならヒーターを使って窓ガラスに露が付かないように仕上げるといいでしょう。

どうしても窓ガラスが湿っている時に窓ガラスコートを使わないといけない!っていう場合を除いては、湿度が高くない時を選んで使ってください。

【原因6】自分自身が原因!?

汚れも道具も場所も問題ないのに上手く拭き取れない時は、自分自身に問題があるかもしれませんよ。

自分自身に、っていうと、使い方を間違っているとか、そう思われてしまいそうですが、そういうことではありません。

窓ガラスコートを拭く時、吐息が窓ガラスに当ってませんか??

これだと、上で説明したように、息がかかった場所だけ湿度が高くなるので、キレイに拭き取れなくなります。

ですから、

拭き取ろうとする窓ガラスに息が直接かからないように拭き取る!

のです。

また、特に車の窓ガラス(内側)を拭く時は、自分の体が出す水蒸気でガラスが曇ることがあるので、

指先だけでも…

できるだけ体温や体から出る水蒸気が窓ガラスに触れないように拭き取る!

ようにしましょう。

水蒸気でうっすら曇った窓ガラスは、いくら乾いたタオルで拭いても、逆に油膜のようにスジが入って汚くなりますよ!

軍手のように繊維を使った軍手は、目が粗く自分の体から出る水蒸気が窓ガラスに伝わってしまうこともあるので、手に汗をかきやすい方は、ゴム手袋を使ってもいいでしょう。

ゴム手袋は厚手のものだと感触が分かりにくいので、できるだけ薄手のものを選んでください。

たくさん原因はありますが

いくつも原因がありますが、もし、拭き取りにくい!キレイに拭けない!というときは、これらのことを見直してみてください。

これからの寒い季節は、水蒸気に悩まされることが多く出てきますので、参考にしていただけたら幸いです。

夏は夏で、タオルを湿気らせる汗が原因になるんですよね(^^;)

案外、自分が原因になることが多いですよ(^^)

幾つもの原因が重なることも・・・

ではっ!!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから