竹串を使いこなせば一段と仕上がりがキレイに!ワックスに付属する竹串の使い方を解説。

昨日、ワックスを買ってくれたお客さんから、

一緒に入っていた竹の棒は何だい?

っていう質問がありました(^^)

確かに、初めて見たら、得体の知らないものだし、何なのかどう使うのか、全く分かりませんね(^_^;)

というわけで、簡単に説明しますね。

なんだこれ?そう思うのも無理ないです。

これ、竹串です。

手作り感満載(・∀・;)

3本の竹串を束ねただけの、手作りの道具です。

道具っぽくない道具ですが、スーパースペシャルな道具です。

どのワックスでも、使います。

詰め替え用以外には、しっかり付いてます。

ね!
赤い柄の棒ですよ(^^)

使い方は色々。狭い所が得意です。

じゃあ、何に使うかですが、

それは、

指も入らない狭い隙間を仕上げる!

です。

竹串の厚みは2~3ミリですが、竹串単体では使わずに、タオルを巻いて使うので、5~6ミリほどの隙間は仕上げられるはずです。

丸い竹串の直径ぶんしかありません。

竹には、弾力性がありますから、不用意に力を入れても、しなることでうまく力が逃げるので、傷も入りにくいです。

こんなに曲がるよ!
無理して曲げると折れるので、真似しないように(^^;)

使い方は単純・簡単です。

タオルを巻いて、隙間に入れて擦ったり、拭いたりします。

時には、ピッチレスコートやP113をタオルに付けて拭くこともあります。

下で紹介している、ホイールの小さな穴やフロントグリルなどがそうです。

竹串に、

タオルをかぶせて(巻いて)、

時には、ピッチレスコートやP113を付けて、

隙間を擦ったり拭いたりします。

狭い隙間ならどこでもOK!

こんな感じで使えば、色々使えます。

フロントグリルの隙間。
網目のグリルにはさらに効果を発揮しますよ!

ホイールのナット穴。
汚れ溜まりますからねー!

バイクのエンジンのフィン。
ブラシだけじゃないですよ\(^o^)/

1

窓ガラスの隙間。
案外狭いんですよ。

エアコンの吹き出し口。
埃がたまりやすいのにお手入れし難いんですよねー。

窓の開閉スイッチ。
埃がたまりやすいし、汚れが付きやすいんです。

竹串が入るあらゆる隙間、凹みならどこでもOKですよ(^^)

ちょっとした工夫で入らなそうな所もなんのその。

ホイールの何かの穴っぽこは、竹串が入らないこともあります。

このちっさな穴です。

竹串の幅よりも穴の方が狭い場合です。

そんな場合もで大丈夫。

3本の竹串を一直線じゃなく、三角形により合わせて幅を狭めれば、しっかり仕上げられますよ(^^)/

これじゃ、分からないので、下の写真を見てくださいね。一目瞭然。

正面から見れは、三角形になってますよね!

竹串って、色々考えられてるんですねー。

注意が1つ。

竹串は、それぞれワックス用に使い分けてくださいね。

ホイール用に使っている竹串を、窓ガラスを拭くときに使ってしまうと、P8コートの成分がタオルに付いちゃいますからね!

そうなると、ガラスがキレイに仕上がりませんよ(^^)/

単純ですけど、

かゆいところに手が届く道具です。

是非、使いこなしてくださいねー\(^o^)/

そして、

どんな洗車方法でもどんなワックスでも、この道具は使えるかも!

ではっ!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから