より使いやすく、よりキレイにするために、道具の使い方や道具自体が変わることがあります。

過去のホームページはアーカイブで残っているものを見るしか無いですが、過去の動画を見ると、今、最適と思われる方法とは、

違うやり方を紹介しているコトがあります!

使っている道具が違うコトもあります!

ワックスの容器が違うコトも稀にあります!

道具もやり方の変化しています。

 

ほとんど窓ガラスコートについてですが、例えば、スポンジ。

2013年に使い方を撮影したもの。
スポンジが分厚いです。

こちらは2015年に使い方を撮影したもの。
スポンジが薄いですね。

それまでは、スポンジが分厚くても問題無いと思われてましたが、実際は、ワックスを買ってくれる方にとっては、若干使い難かったんです。

それは、窓ガラスの内側に使う時です。

厚みがある分、特にフロントガラス、リアガラスの隅は塗り難くて、ダッシュボードや内装に窓ガラスコートが付いてしまうことがあったのです。

ここも狭くてキツイ

それまではどうしていたかといいますと、隅はスポンジを押さえて厚みを減らしていました。

慣れていればいいですが、初めて使う人には少々難しいのですね。

それでスポンジを半分の厚みにしたら、

楽々です

 

タオルを2枚使う方法も、折り畳んで使う方法も、以前は違いました。

以前は、タオルを広げて使ってますね。

今はもちろん、こうです。
折りたたんでますね。

そして、以前はタオルは凸凹のタオル1枚だけ使って仕上げていました。

誰でも使いやすく効果が出るように

初めて使う人にも、難しくないように、キレイに仕上げられるように、

使いやすく効果がより発揮できる方法に進化しています

ですから、今の方法より良いやり方が見つかれば、その方法にシフトします。

 

そんなことで、今後、過去の写真を使って解説する際は、それら注釈を付けて説明してきます。

ただ、将来、また新しい方法に変わっていくかもしれないので、今最新だからと書いている解説も古くなってしまいますね。

記事を書く時は、その時の最新の方法で解説しますので、できるだけ最新の記事を読んで頂けるとありがたいです!

かといって、過去の方法を使ってもキレイに仕上がりますよ。

厚いスポンジでもタオルを折りたたまない方法でも、問題なく今と同じようにキレイに仕上がっていましたからね!

 

過去の写真を使って解説をしようと写真を探していたら、今とは少し違う方法で仕上げていたので、

やり方も道具も進化するんだよ!

ってことを言ってみました(^^)

 

ではっ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました