スポンジが大きすぎるって方は切り刻んじゃってください!

ピッチレスコートには大小1個ずつのスポンジが付属します。

大スポンジと、その半分の大きさの小スポンジ

大きい方は広い面積用ということで、ボディを施工するときに使います。

で、小さい方は、狭い隙間が多い部分、例えば、フロントグリルとかホイールのスポークといった狭い部分に使います。

ですが、ピッチレスコートを使ってくれてる方の中には、小さいスポンジしか使わないという方もいらっしゃいます。

追加で細部用スポンジをいくつか買われた方にお聞きしたところ、そういったお話をしてくれました(^^)

アクセサリー等の細かいものをお手入れするという方は、小さい方のスポンジでも大きいくらいです。

スポンジが大き過ぎるなら小さく切る

もし大き過ぎると思ったら、切って使ってもらって構いません。

新しい刃をセットしたカッターナイフで簡単に切れますから。

できるだけ長い刃のものがよろしいかと
刃を全開に伸ばします
刃を真っ直ぐに当てます
両側に手を添えるとスポンジが歪まず綺麗に切れます
あとは、前後にゆっくり動かしながら切っていきます
刃を斜めにして切ると、綺麗に切れないことがあるので、
刃は平行に
…よくみると、切れたスポンジを使って写真を撮ったのがバレました(^^;)
切れました
ね!
ねっ!!

もっと小さく切りたいときは

ここから
細かく前後に動かさず、長い刃を広く使えば
(お刺身を切る感じ?)
楽勝で切れます

注意が必要なのは、あまり薄く切りすぎると弾力性が減って掛けた力がそのまま掛かってしまう恐れがあるので、薄いスポンジで塗装、プラスチックなど傷の入りやすい素材を施工するときはくれぐれもご注意ください!

きれいに切るコツ

  • 長い刃を使う
  • たわみにくい厚めの刃を使う
  • よく切れる刃を使う
  • 刃の長さを有効に使う
  • スポンジが歪むほど押し付けない

これくらいでしょうかね?

切れ味の悪い刃を使うと、スポンジを押しつぶしながら切るようになるので、切断面がザックザクになりますので、ご注意くださいませ。

最後に動画でもご紹介しましょう。

ざっくざっくと気持ちよく切れますでしょ?

ちなみに、ここで使っているカッターナイフは OLFA ノンスリップH型 です。

以上、小さいスポンジが必要な方は、ご参考になさってください!

タイトルとURLをコピーしました