窓ガラスコート詰替時に雑にキャップを締めたら漏れやすくなった。という報告をいただきました。雑はイカンです!

窓ガラスコートの詰替え用は、プッシュプルキャップの付いた容器に移し替えて使います。

詰め替え用の容器にそれまで使っていたプッシュプルキャップを付けて使うこともできます。

これがプッシュプルキャップが付く窓ガラスコートの容器

プッシュプルキャップについて簡単に説明しておきますと、先っちょを引っ張ると先の穴が開き溶液が出て、先っちょを押し込むと穴が塞がり溶液が出なくなる、台所用洗剤にも使われているよくあるキャップです。

作業中にとても有効なキャップですね。

報告のあった「漏れる」というのはどういうことか

今回いただいた報告がこれです。

プッシュプルキャップを外して窓ガラスコートを移してからキャップを適当に締めたら、キャップが歪み、中の窓ガラスコートが脇からわずかに漏れることがあった。

ピッチレスコートの容器に使われるキャップ(平キャップ)より窓ガラスコートに使われるプッシュプルキャップの方が締め込みにくいことはこれまでも確かにありましたが、中途半端に締め込まなければ中身が漏れるようなことはありませんでした。

そこで、キャップをねじ込む角度を少し変えるなどして、何度も何度も何度も雑に締めてチェックしてみました。

すると、それまでとは違うゴリッ?グリグリッ?という嫌な感じの締め心地と出会いました。

正しく締めた場合と締め心地が違った場合とを比べると、わずかにキャップが斜めになって、キャップのフチが歪んでいるというか横が少し膨らんでいるというか、表現は難しいですが、とにかく異常が出たことが分かりました。

雑に締めたキャップ(左)と正しく締めキャップ(右)

この角度だとどちらも違いは見られませんが、横に向けると様子が違ってきます。

雑に締めた方(左)は、隙間が大きくキャップ自体が歪んだような見た目
大きく歪んでるため隙間がバラバラなようです

この状態で中身が漏れたと考え、窓ガラスコートの沈殿物を混ぜるようによく振ってみましたが、容器の外に漏れ出すことはありませんでした。

漏れは再現せず。

キャップを斜めに締めたらキャップの内側にも異常が見られた

今回は漏れなかったとしても、少し膨らんでいるということは中で何かが起こっている可能性がありますので、容器の口とキャップの内側を見たところ、容器の口は問題なかったものの、キャップの内側に問題が起きていました。

異常がある状態(左)と通常の状態(右)

よく見ると、キャップ内側に付いているパッキン(この部分の名称は分かりませんが、以降パッキンと呼ぶことにします)部分の一部が潰れておりました。

この部分が潰れております
一部分が潰れてます

ただ、上にも書いたように、よく振ったときでもに容器の外に窓ガラスコートが飛び散るなどの漏れは確認できず、また、振ってしばらく放置した後にキャップを外して内側を見ても窓ガラスコートが漏れた跡は確認できなかったので、漏れるのは、パッキンと思われる部分の潰れ方によるのかもしれません。

キャップ内の潰れたパッキンを起こしてあげる

もしキャップの内側のパッキン部分が潰れてしまったときは、マイナスドライバーを使って戻してあげるとしっかりキャップが締まるようになります。

潰れた部分にマイナスドライバーを差し込んで
左右にグリグリとコジって
起こしてあげれば
これで大丈夫なハズ

このキャップの白い部分は柔軟性がありますので、多少力を入れても割れることはありません。

が、度が過ぎた力を入れないように。

キャップの締め方はドライバーでネジを締める時と同じ

パッキンに問題ないキャップも修正したキャップもどちらも、ドライバーでネジを締めるときに言われる押し7割、回し3割の力加減で、キャップと容器のネジを並行にして締めれば、パッキンが潰れるなどの問題は起こりにくいように思います。

押し7割、回し3割で締めれば
キャップが歪んだり隙間が大きくなることはありません

これはパッキン部分を修正したキャップを締めましたが、これだとホントに修正したキャップを締めたかが分かりませんが、そういうことにしてくださいw

…で終わりにしようと思いましたが、疑い深い人のために動画でどうぞw

結果、漏れは確認できませんでしたが、パッキンが一部潰れたことにより漏れた可能性もありますので、もし締め方をミスってパッキンを潰してしまった場合は、直してお使いください。

とても簡単に直せますので、お試しいただければ。

あと、大切な洗車用具なので丁寧に扱うようにお願いしますねw

些細なことですが、快適に作業をするためにも道具の状態を時々チェック&メンテナンスをしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました