出張洗車開業講習を受講する前にやっておきたいこと

やっぱり寝不足はダメです。

昨日の投稿も誤字脱字だらけで何度直したことか…

おかげさまで、短時間の仮眠のはずが7時間もしっかり寝てしまいまして、危うく今日の予定が吹っ飛ぶところでした。

眠気もなく気持ちよく運転できたので良かったんですけどね(*^^*)

だから、前にも書きましたが、

皆様、しっかり寝てください!

今回は、寝ることの大切さをお伝えしたいのではなく、出張洗車の開業講習についてです。

自分たちと同じような洗車業を始めようと考えている方の中には、やろうと決めたからにはすぐに講習を受講したいという、即決即断な方もいらっしゃいますが、やってみたいものの、色々考えすぎて動き出せないという方もいらっしゃいます。

これまで、開業したいと連絡をくださった方の、7割くらいの方々がそんな感じだったような気がしてます。

たしかに、費用も安くはないし、仕事として成り立つかも分からないし、考えすぎるのもよくわかります(^^)

だから、「開業したいけど、色々と不安があって、躊躇してます。」のような質問をいただいても、無責任に「やるべきです!」とか「安心して始められますから大丈夫です」なんて簡単には言えませんよね。

ということで、そんな不安があって開業するかしないかを悩んでいる方は、事前にやっておいたらいいかなってことをご紹介します。

まず、洗車自体がどんなモノなのかを知るために、クリーティングコートを使ってみましょう。

一度も使ったことがない方なら、無料体験ワックスもありますから。

それで、ムムムッ!なんかイイじゃない! ってなったら、製品版を使ってご自分の愛車でも、家族の車でも、たっぷりキレイにしてみましょう。

ワックスを購入しなくても、洗車道場(有料ですけど)なら全てのワックスを試せるので、そこで丸々1日ワックスを試してもいいでしょうね。

ワックスをしっかり使ってみて、ムムムムムムッ!これならやれそうだよ! ってなったら、そこで講習の受講をおすすめしますが、まだ「集客は大丈夫かな?」「自分にもできるかな?」って不安はたくさんあるはずです。

そこで、

開業講習を受講する前に、1日実践講習をおすすめします

1日実践講習というのは、丸1日使ってクリーティングコートを使った洗車をやってもらうわけですが、ただ技術的なことをお伝えするのが講習の目的ではありません。

この1日講習を受講するまでの間に出てきた、分からないこと、不安に思うこと、相談ごとなどが、たくさんあったはずなので、それをまとめて聞いてください

技術的なことをこの講習でやることも必要ですが、不安がすっきり解消!とまではいかなくても、納得してもらうことも必要なので、ぜひ気になることは聞いてください。

ちなみに、講習が、ほぼお話だけで終わる方もいるくらいお話をたくさんしますが、そのときに、こちらが受講者さんを開業講習に進ませるように丸め込むようなことはしませんので、安心していただいてい結構です。

中には、丸め込まれて受講させられるんじゃないか不安な方もいるかもしれませんので(^_^;)

そもそも丸め込めるような話術はゼロだし、話がヘタクソですからね。

逆に、色々とお話を伺って、こちらが「まだ止めておいた方がいいんじゃないかな?」って思うような時は、そのようなことお話することもあります。

以前、ご家族と一緒に来店されて「家族から反対されてるんですが、それでもやりたいです。どうすればいいでしょうか。」なんて相談がありましたが、双方から色々と話をお聞きした上で、まだやらない方がいいじゃないですか?ってアドバイス的なことをさせて頂きました。

そこで「やった方がいいです」なんて無責任なこと言ったら、目の前が修羅場になりそうだったしね(^_^;)

そんなわけでして、開業講習を受講する前に、色々と試したり1日実践講習で不安を解消しておくといいですね。

これまでに、メールやお電話だけでそのような質問をいただくこともありましたが、深いご回答はしません。

以前にも、とある業者から技術以外のノウハウ的なことを根掘り葉掘り聞こうとする電話やメールが来たこともありますが、すべて当たり障りのない、簡単なご回答をさせていただきました。

こちとら商売ですから、何でもかんでもお話するわけにいきませんから、お間違いのないようにお願いします(._.)

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから