洗車やワックスの拭き取りで柔軟剤を使ったタオルは使えるのか【相談室】

質問

柔軟剤を使って柔らかくなったタオルは洗車やワックスの拭き取りに使えますか?

この質問、過去にこの↓投稿内でちょろっと触れましたが、今も洗車道場などで質問いただくことがあるので、書いておきますね。

回答

柔軟剤を使ったタオルは使わないほうがいいです。

柔軟剤を使うと繊維が吸収・吸着しにくい状態になる

はじめに、柔軟剤にはいろいろな種類がありますので、以下に当てはまらない柔軟剤もあるかもということだけお伝えしておきます。

柔軟剤を正しく使ったタオルは柔らかくてふわふわなので、傷を入れる可能性は減るのでいいのですが、水洗いタオルだと水を吸わなくなり、ピッチレスコート用だと余分なピッチレスコートを吸わなくなり、P8コート用としてもP113用としても同じくなので、実は非常に使い勝手の悪いタオルになってしまいます。

窓ガラスコート用として使った場合は、塗って乾いた粉状になった窓ガラスコートをかき落とす&タオル表面に吸着させる感じなので、大きな影響は無さそうですが、実際に試してみると若干拭き取りにくいことがありましたので、やはり使い勝手はイマイチかもしれません。

理由は簡単、肌触りを良くするために繊維の表面をツルツルする柔軟剤の成分で覆ってしまうので、繊維が水やピッチレスコートなどを吸収・吸着しにくい状態になっているのですね。

静電気を防止してくれる効果がある柔軟剤だと、静電気バチバチな冬には助かるかもしれませんが、タオル本来の機能が十分発揮できません。

ですから、柔軟剤を使ったタオルは触り心地が気持ちいいけど洗車には使いません。

洗い方や乾燥のさせかたに注意する

もしタオルの柔らかさや吸水性に困ったときは、柔らかくそして吸水性のあるタオルに変えるために、タオルを熱湯で洗ったり酢を入れて洗います。

新品のタオルも糊が効いていることがよくあり吸水性が悪いので、洗ってから使うといいです。

クリーティングコートに付属するタオルは、もちろん新品なので、柔らかさや吸水性がイマイチだと感じるときは、一度洗ってみるといいですね。

また、新品タオルは製造時のホコリ、糸くずなども付いているので、施工時にホコリがたくさん付いてしまうようなときは、洗うことをおすすめします。

洗った後の乾かし方は、叩いてパイルを立たせてから陰干しするか、乾燥機でうまいこと乾かせば、柔らかいタオルが出来上がりますので、お試しください。

分かりきったことを書いてしまいましたが、参考になれば幸いです。

余談ですが、気になる1秒タオル

タオルの中には、「1秒タオル」のような吸水性が素敵なタオルもありますので、気になる人は試してみてはいかがでしょう。

実はすごく気になってますw

1秒タオル | 日本製タオルならホットマン
ホットマン株式会社は、東京・青梅で50年以上にわたりタオル製造を続ける純日本製タオルブランドです。1秒タオルをはじめとする吸水性抜群の上質なタオルを企画・製造・販売まで一貫して行っております。オリジナルタオルの製作も承っております。

お風呂上がりに使うような高級タオルなので、洗車に使う人はいないかもしれませんが、試してみたいw

コメント

タイトルとURLをコピーしました