P113でソファーの傷を消せますか【クリーティングコート相談室】

(相談)ソファーに爪で傷を付けてしまいました。P113で傷を消せますか。

普段お気に入りで使っているソファーに爪で傷を付けてしまったそうです。

たぶん表面がケバケバしたこんな傷(縦に入ってる傷)かと

車の革シートでも時々見かけますが、

残念ながらP113で傷を消すことはできません

試しにP113を使ってどうなるかを見てみましょう。

毛羽立ってますね

P113(今回はP113-II)をスポンジにつけて

つきました

これで丁寧に何度も擦って

残ったP113を

乾いたタオルでしっかり拭き取ると

完了

でも、残ってます

同じように、削れた部分で試してみても、

削れた部分に

P113を使ってみると

色が目立たなくなったように見えても、これはただP113で濡れて色が濃くなったように見えるだけ

乾けばほぼ元通り

このように、傷が入った部分や削れた部分はP113で対処することはできません。

クリーティングコートには、もう一つ革に使えるP8コートがあります。

これも試してみますよ。

まだ残っている傷

P8コートを

数滴付けて

塗り込んで

乾拭きすると

はい。残ってます…

P113で汚れが落ちてP8コートで艶が出たことで仕上げ前よりは目立たなくなりましたが、残っちゃってますね。

残念。

以前、洗車道場に遊びに来てくれた女性のお客さまから、納車間もない愛車の革シートに爪で傷を入れてしまってショックだったというお話をお聞きしました。

少し爪が長かったんですね。

シートに手をついて車から降りた時に、ザリっと(゚д゚;)

乗り降りする時、洗車をやる時、内装の仕上げをする時は特に、長い爪には注意が必要です。

でも、爪を伸ばしている方に「爪は短くして洗車をするように」っていっても、つけ爪でない限り、洗車のときだけ短くすることはできません。

ですから、乗降時、洗車の時は、くれぐれもご注意ください。

ただし、洗車を仕事にしたいという方には、短い爪を推奨します!

以前、革に付いた傷のことを調べているときに、革製品を製造販売している会社さんが書かれた記事を発見したので、もしよろしければ参考にしてみてください。

まだ試してないので、いつか試してみますよ(^^)


また皆さんに参考になりそうな質問・相談を頂いたら、このブログでお答えしていきます。

それではまたお会いしましょう。

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから