窓ガラスコートの拭き取りはタオル1枚でも大丈夫?【クリーティングコート相談室】

(相談)窓ガラスコートの拭き取りはタオル1枚でもできますか?

窓ガラスコートを何度かお使いになった方から質問をいただきました。

はじめに、窓ガラスコートの使い方からご説明しておきましょう。

窓ガラスコートを塗った後、しっかり乾いて白くなったところをタオルで拭き取ります。

そのタオル拭きの際は、まずはじめに凸凹した粗拭き用タオルでザッと粗く拭き取ります。

続いて、仕上げ拭き用タオルで丁寧に拭き取ります。

詳しくは、こちらの動画で解説していますので、少し長いですが、参考になさってください。

このように、拭き取りには2枚のタオルを使うのですが、拭き取りをはじめると、だんだん2枚のタオルを使い分けるのが面倒になって、1枚のタオルで拭き取る方もいます(^^)

凸凹した粗拭き用タオルでも、仕上げ拭き用タオルでも、どちか一方のタオルだけで拭き取っても、拭き取れちゃいますからね。

だから、

どちらか1枚のタオルで拭き取っても問題ありません

今から3~4年前までは、凸凹タオルだけで拭き取ってましたので、1枚でも問題無しなんですよ(^^)

でも、あえて2枚で拭き取っているのには理由があります!

それは、

凸凹の粗拭き用タオルだけで拭き取ると、拭き残しが出やすい

タオルの凹凸が大きいので、凹の部分で拭いたところは、拭き残しが出やすいのです。

何度も何度も丁寧に拭き取らないと、あとから見て白い跡が残っていることがあるのです。

凸凹の差が大きい

逆に、

拭き取り用タオルだけで拭き取ると、タオルの目が詰まりやすい

拭き残しが出にくくなりますが、タオルの目が細かいので、詰まりが早くなってしまうんです。

粗拭き用に比べて細かい

それに、もう一つあります。

初めて仕上げるような窓ガラスの場合は、汚れが強力に付いていることがありますよね。

このような時は、窓ガラスコートをたっぷり塗ることがありますが、これが乾くと、拭き取りに少し力が必要になることがあるのです。

そんな力がいる拭き取りの時に、粗拭き用タオルに比べて凸凹が小さい=掻き取る力が足りない仕上げ拭き用タオルで拭こうとすると、

拭き取りにくく、これまた拭き残しが出やすい

ということで、1枚のタオルでもキレイに仕上げることはできますが、効率的に確実にキレイに拭き取るのなら、2枚のタオルを使い分けることをオススメします。

これは自分が開業当時の写真ですが、この凸凹タオルだけで拭き取ってます。

凸凹したタオルを折り畳まずに使ってます

今では、初めて使う人でもキレイに確実に仕上げられるように、2枚のタオルを使う方法をオススメしてます!


また皆さんに参考になりそうな質問・相談を頂いたら、このブログでお答えしていきます。

それではまたお会いしましょう。

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから