ボディに付いたタイヤの跡を落とす方法ってある?【クリーティングコート相談室】

(相談)ボディにタイヤの跡らしき黒いものが付きました。除去方法はありますか?

ボディにタイヤのゴムの黒い跡が付くことがあります。

ドリフトする車にはこんなにも

ドリフトなどをする車にはよく付くし、ときには、車に乗り込むときに、ステップやスポイラーに靴底のゴムの跡が付くこともあります。

靴底を擦った跡は、よく見かけるかもしれませんね。

靴底のゴムを擦って付いた黒い跡

一般的にはこういった汚れはコンパウンドとかを使うのか分かりませんが、

ピッチレスコートなら難なく取れる

上の写真のようにたくさん付いていると嫌気が差しそうですが、実は思ったほどではないので、簡単にご紹介しましょうね。

この黒い跡の一部分だけ落とすと

スポンジにピッチレスコートを付けて

※以前は、黒い四角いスポンジを使っておりました。

ひとまず縦にゴシゴシしてスポンジ戻し後

タオルでサラッと拭くだけ

らくらく落ちた(^^)

写真で分かる通り、仕上げた左側にも同じような仕上げた跡があります。

これは、仕上げ始めてから写真を撮ることに気づいたんですよね。

この仕事を始めて間もない頃だったので、そこまで頭が回っておりませんでした(^^;)

これから洗車の仕事を始める方は、ちょっと気になった汚れを見つけた時や、皆さんに伝えたい仕上げをするときは、仕上げた結果が良くても悪くても、必ず撮りましょうね。

ちなみに、上で紹介した靴底のゴムを擦って付いた跡も、こうなります。

しっかり落ちてますよ

一部汚れが残ってますが、仕上げ前の写真にも同じ汚れが残ってます。

これで、同じ場所を仕上げたということが分かりますよね。

靴の跡が付いた部分は、塗装ですが、タイヤの跡が付いた黄色いボディは、マーキングフィルムでラッピングされてます。

ですから、普通の塗装されたボディとは異なりますが、それでも、同じようにピッチレスコートで落とすことが出来るのですね。

これでお分かりかと思いますが、

タイヤや靴底などのゴムの跡がボディについてもピッチレスコートで何とかなる

中には、何とかならないこともあるかもしれませんが、多くの場合、何とかなるハズですよ。

今回の事例は、仕上げの参考書でご紹介したいのですが、なんせ紹介できる写真が少なすぎて、詳しく手順を解説できません(^_^;)

なので、簡単に相談室としてお答えする形にしました。

もし、ここで紹介する写真のような状態の仕上げをする機会がありましたら、そのときにしっかり写真を撮って解説していきます。

それまでお待ちくださいませ。


また皆さんに参考になりそうな質問・相談を頂いたら、このブログでお答えしていきます。

それではまたお会いしましょう!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから