スポンジを洗っちゃいけないとは言うけれど…【クリーティングコート相談室】

(相談)スポンジをなぜ洗っちゃいけないのですか

ピッチレスコートをお使いいただく方から、ご相談をいただきました。

これもまた多い質問ですね。

お答えはと言いますと、ズバリ、

スポンジのコシがなくなるから

これが一番の理由ですね。

コシがなくなることの何がいけないのかは、こちらの記事に書いてあります。

ピッチレスコートの付属品を再確認する!
これまで、各ワックスの付属品については、ネットショップでも簡単に説明しているだけでした。 でも、袋に入っていた竹串は何モノ? なんて質問を頂くようになったので、あらためて説明します。 当たり前の解説が続きます...

念のため抜粋すると、

ピッチレスコートのスポンジは水や洗剤で洗わないようにお願いしてますが、それは、スポンジのコシがなくなってしまうためです。

スポンジのコシが無くなるということは、反発力が無くなるということ。

すると、手で押さえた力が、ボディや仕上げている面にそのままダイレクトに伝わってしまうので、押さえたところと押さえていないところの差がハッキリ出てしまい、塗りムラにもなり仕上がりが良くありません。

それに、押さえた力がダイレクトに伝わるということは、スポンジでのこすり傷の原因にもなってしまうのです。

実際に洗ったスポンジで施工すればすぐ分かりますが、皆さんがせっかく育てたスポンジを洗って試してもらうわけにはいきません。

だから、実際に洗ってみました

まだあまり使っていないスポンジですが、泣く泣く洗いました(^^)

まずは、洗う前に、潰れ具合をチェックです。

右が洗うスポンジ、左のスポンジは洗いません

こんな潰れ具合

では洗っちゃいます。

水と洗剤でジャブジャブと洗って

水ですすいだら

完了

色はだいぶキレイになりましたね。

あとは、しっかり陰干しして乾かします。

洗っていないスポンジと比べたら一目瞭然

それでは、先ほどと同じように潰してみると、

潰れ具合はどうでしょうか

たった1度洗っただけでも、洗う前と比べて柔らかくなってしまいました。

違いがよくわからない?

同じように潰してみたつもりなんですが、微妙に潰し方が違ったかな?

しくじったかも(^_^;)

これは、洗う前後でどれだけ潰れるようになるかを見てみましたが、

実際に押さえたときの反発する感覚は、この写真や動画ではよく伝わらない

そんなわけで、道場に来てくれた方、出張洗車道場を依頼してくれた方には、何度か洗って使ってみた結果が分かる「フニャフニャのスポンジ」を触ってもらってます。

先日、講習にきてくださった方にも触ってもらいましたが、すぐ分かってもらえました。

だから、触りに来てください(^^)/

今回洗ったスポンジも触ってもらおうと思います。

コシが無くなってしまうこと以外に、洗ってはいけない理由がもうひとつ。

洗ってしまと、スポンジに染み込んでいたピッチレスコートの成分も洗い流されてしまいますので、スポンジを洗った後は、またピッチレスコートを使いながら染み込ませていかないといけません。


2つ目の理由は、時間は少しかかりますが、またピッチレスコートを使えば染み込んでいくので、大きな問題にはなりませんが、コシが無くなるのは大問題。

失われたコシはもう二度と戻りません。

ですから、洗わないようにしましょう。

また皆さんに参考になりそうな質問・相談を頂いたら、このブログでお答えしていきます。

それではまたお会いしましょう!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから