バケツ1杯の水洗いが不安です【クリーティングコート相談室】

(相談)バケツ1杯の水洗いが不安なんですが…

私達がいろいろなところで紹介している水洗い方法。

それが、バケツ1杯の水洗いです。

バケツ1杯の水洗いを解説。慣れれば超楽ちん♪【日産フーガ】
「バケツ1杯の水洗い」の基本を知る! 今回は、日産フーガの汚れたボディをバケツ1杯の水だけで水洗いします。 ボディの色問わずできますが、慣れが必要。 水浸しにしない「バケツ1杯の水洗い」は、マン...

この仕事をはじめた頃から今でも、よく言われることがありまして、

非常識。あんなことやってはいけない。

風当たりが強いんですよね(^_^;)

タオルでボディを撫でて洗うから、キズだらけになってしまう、ということで、そのように言われてます。

確かに、ボディがジャリジャリの状態でやれば、間違いなくキズだらけになりますよね。

このバケツ1杯の水洗いも、コツがしっかりあります。

そして、不向きな条件もありますので、そのへんをしっかり押さえておけば、洗車する場所に制限がある、ガレージを水浸しにしたくない、もっと楽に水洗いしたい、などといったお悩みを解消する1つの方法になるはずですよ。

ピッチレスコートを使う前はどうやって洗車するのか

ピッチレスコートを使う前は、ボディに汚れやホコリが乗っている状態ではいけませんので、水で落ちる汚れと乗っているホコリなどを落としておきます。

ここで、はじめて洗車するわけですが、まだバケツ1杯の水洗いに慣れていないこともあって、いきなり汚れたボディをこの方法で洗うのはコワイですよね。

そして、バケツ1杯の水洗いは、

クリーティングコートで保護膜が出来たボディだからできること

なんです。

クリーティングコートで作った保護膜がスベリも弾力性も持っているため、キズが入りにくいのです。

保護膜が無い状態だと、スベリも少なく弾力性も無いので、バケツ1杯の水洗いに慣れていないと難しいです。

ですから、そんな時は、バケツ1杯の水洗いにこだわらずに、今まで通りの水を掛けながらでの洗車でも構いません。

優しく水だけ使って落としてください。

シャンプー(ワックス入りのシャンプーも)は、ピッチレスコートを使った時の作業に影響することがありますので、できるなら使わない方がいいでしょう。

いままでシャンプー洗車しかしたことが無いということであれば・・・

今回限り。大目に見ましょう(^_^;)

でも、以降の洗車では使わないでくださいね!(^^)

ピッチレスコートの保護膜が、シャンプーするたびに少しずつ落ちてしまいますから。

この洗車の時は、水で落ちない汚れ(油性の汚れなど)が付いている時は、ムリして落とす必要はありません。

はじめに ”ボディに汚れやホコリが乗っている状態ではいけません” とは書きましたが、

あくまでも、ボディ表面に付いた汚れを軽く落とすだけ

油性の汚れや駐車場のポールなどに擦って付いた塗料などは、多くがピッチレスコートで落ちますから、落ちない汚れが残ってても気にしないことです。

それを落とそうとしてゴシゴシ・・・キズダラケになっちゃうので(^^)

ここまでで、ボディに乗ってたものはある程度落ちます。

ただし、水を掛けながら洗車した時は、ボンネット、ドア、ミラーなどなど、たくさんある隙間に水がたっぷり入り込んでいます。

洗車後、ドアの開閉をしたり、走り出すと、どこからともなく水が湧き出してきます。

ピッチレスコートは、水分が好きじゃないです。

水分が残っていると、施工し難くなって、キレイに仕上がらないことが多々あるのです。

ピッチレスコートの仕上げに使うタオルも乾燥していることが条件です。

そんなことで、水を掛けて洗った後や雨の直後の洗車の際は、

細部に水が残らないように、丁寧に丁寧に拭き取って、念入りにやるなら、細部までしっかり乾燥させるのがいいでしょう

風が強い日や、ホコリが舞いやすい駐車場では、長い時間乾燥させておくと、またホコリが乗ってしまうので、ホドホドにしましょうね。

あとは、ピッチレスコートをうまく使ってもらえれば、美しくなるはずですよ(^^)

バケツ1杯の水洗いもクリーティングコートの使い方も、必ず基本を押さえる必要がありますが、特に水洗い方法は、

水を掛けながら水洗いしても全然問題なしです

  • シャンプー類は一切使わず、水だけで洗う。
  • ボディに優しく不要な力を入れない。
  • 水滴が乾かないうちにしっかり拭き取る。
  • 細部に水分を残さない。

これさえ(他にあるかも(^_^;))押さえておけば、バケツ1杯の水洗いに拘る必要は無いと思ってますが、いかがでしょう(・・?

ボディに乗っかってる “ホコリ” と “水だけで落ちる汚れ” が落ちればいいのですからね。

自分たちにとって、クリーティングコートでお手入れしているボディにはバケツ1杯の水洗いが最適なので、これからもずーっと続けていきます。

洗車を楽しむなら、自分スタイルを作るのも悪くないですよ。

楽しい洗車、面白いお手入れ を目指して、色々と遊んでみてくださいな。

遊ぶうちに、やりすぎてキズを入れちゃうこともあるかもしれませんが、それも車やバイクへの愛情だと思えばねー(^^)

これは必ず頭に入れておいてもらいたいですが、

どんな方法であれ、全くキズが入らない洗車方法は無い

と思ってます。

いくらツルツルしてるボディでも、タオルで拭く際の摩擦がゼロなわけじゃないし、単純に汚れが乗っているボディに水をかけるだけでも、キズが入る可能性も考えられますからね。


また皆さんに参考になりそうな質問・相談を頂いたら、このブログでお答えしていきます。

それではまたお会いしましょう!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから