ボディが乾いた状態で使う?【クリーティングコート相談室】

(相談)ピッチレスコートはボディが乾いた状態で使うのですか?

数日前に頂きました。

ワックス全般のお話ですが、ワックスによっては乾いた状態で塗る、濡れた状態でスプレーする、などがあります。

それを守らないと、キズや塗りムラになって、思うような結果が出ないとか、作業しにくいことがあるはずです。

はず。

たぶんね。

では、クリーティングコートはどうなのか。

お答えとしては、

ピッチレスコートをはじめとしたクリーティングコートは乾いた状態で使う

です。

だから、ピッチレスコートも窓ガラスコートも、水洗いで落ちる汚れを落とした後、乾いてから使ってください。

P8コートを使う時も、タイヤや樹脂パーツが濡れた状態だとキレイに仕上がりませんので、しっかり水滴を拭き取って乾いてから使いましょう。

P113は、シートの汚れ落としをする時は、濡れたタオルで拭いた上から使うこともあります。

シートを濡れたタオルで拭くと、表面に細かい水滴が付くこともあるし、少しシートの素材が湿ることもあります。

でも、その上から使うことは、ぜんぜん問題ナシです。

ただし、あまりにも水滴が付いている時は、P113が水で薄まり効果が落ちるので、水分は拭けるだけ拭いて使いましょう。

ガラスコートも、基本は乾いた状態で使ってもらうほうが、効果も施工のしやすさも変わりますが、どうしても拭き取れない水滴が僅かに残っている状態なら、問題なし。

P113と同じく、あまりにも水滴の量が多いと、水で薄まって効果も落ちて、乾くまでに時間がかかるので、作業性は悪くなります。

…でも、ピッチレスコートを濡れた上から使ってなかったっけ??

水滴バッチリの上から使ってる

はい、あえて濡らした状態で使ってますね。

簡単な解説は、過去に書いた下記記事でどうぞ。

ガサガサボディの洗車はホント大変。でもいい方法ありますぜ。
まずはじめに、ごめんなさい。 この方法は、私達が扱うワックスを使います。 すぐに誰でもできる方法、ではないです。 ピッチレスコートを持ってない人はこんな方法もあるのね、と思って頂くだけで構いません。 ...

これは、全くと言っていいほどスベらないボディに、スベる質感を与えて作業をしやすくする方法です。

水の力を使ってスポンジを滑りやすくさせて、同時に、ピッチレスコートの極薄い層を作るのです。

こうすることで、スポンジを滑らせた後のボディは、タオルもよくスベルようになります。

スベルようになると水滴も吸い取りやすくなりますから、作業性がアップしますよね。

素早くできるので、楽々なんですよ(^^)

ただし、

この方法では、キズ消し(埋め)、汚れ落とし、艶出しはできません

表面に薄いピッチレスコートの層を作っているだけですから。

極わずかなツヤは出るかもしれませんが、ホントわずかですね。

だから、キズ消し、汚れ落とし、艶出しをしっかりやるなら、簿が水で濡れていない乾いた状態で使いましょう!

最後にもう一度。

基本は、乾いた状態で使うこと

です。


また皆さんに参考になりそうな質問・相談を頂いたら、このブログでお答えしていきます。

それではまたお会いしましょう!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから