窓ガラスのウロコって?【クリーティングコート相談室】

(相談)窓ガラスのウロコって取れる?

質問内容はコチラ。

窓ガラスコートでガラスのウロコは除去できますか?

これも多い質問です。

昨日も頂きました。

窓ガラスの表面をよく見るとウロコ状の汚れというかシミというかが付いているのを見たことがあるかと思います。

雨が降った後に残った水滴が汚れとか色々なものを含んだまま蒸発すると輪状やウロコ状に残るアレです。

見えにくいので拡大してみて頂ければ

水アカですね。

詳しくは、色々検索してもらえれば、たくさん解説が出てきますので、そちらをお読みください。

で、この水アカ、

極軽度の水アカなら窓ガラスコートを何度か使っているうちに取れることもあります。

ですが、

それ以上の水アカは取れません。

パッと見すぐ分かるような固着してしまったウロコのように見える水アカは100%無理です。

窓ガラスコートには強力な研磨剤や溶かすような薬剤が入っていないため、固着した水アカを削り落とす力がありません。

ウロコ状になった上にさらに水アカがついて、を繰り返したガラスは、研磨屋さんでも難儀するほどです。

研磨以外にも溶かして除去する方法もありますが、溶かしてウロコは消えたものの、溶かしてシミ状になったガラスを何度か目撃していますので、お気をつけください。

オーナーさんご自身でやったのか業者さんに依頼されたのかは分かりませんが、お気をつけください。

お答えとしては、ウロコ状の水アカは取れません。

なーんだ。って思わないように!(^^)

ウロコ状に水アカが付いたガラスは、汚れ、油膜などが付きやすく、夜や雨の日になるとなおさら視界が悪くなります。

ギラギラするし、透明感は無いし、安全雨天に支障が出るくらい。

でも、そんな水アカが付いた状態でも、窓ガラスコートで普段からケアしておけば、そういった見にくさも改善します。

ですから、キレイな視界を確保するために普段から窓ガラスコートでお手入れすることをオススメします。

弊社の洗車を依頼してくださるお客さまで青空駐車をしている車の窓ガラスには、元々付いていた水アカもありますが、そこまでの水アカは付いていません。

当然ながら、屋根付き駐車場の車は、まず付いてませんけど(^^)

水アカが付かないように、雨の後はできるだけ早く水滴を拭き取るようにしてください・・・ってことができれば理想的なんですが、駐車場の状態や車に手をかけられる時間によっては、不可能なことは多々あります。

なので、できるだけ普段から窓ガラスコートでメンテナンスをしておいて、水アカが付き始めて窓ガラスコートではどうにもならなくなったら研磨する、のようにするしか無い気がします。

でも、窓ガラスコートで普段メンテナンスしてもらえば、比較的良好に保てますけどね。


また皆さんに参考になりそうな質問・相談を頂いたら、このブログでお答えしていきます。

それではまたお会いしましょう!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから