ピッチレスコートは撥水性?親水性?【クリーティングコート相談室】

今日もお客さまから頂いた質問と、その回答。

(相談)ピッチレスコートは何水性?

質問内容はコチラ。

ピッチレスコートは撥水性と親水性のどちらですか?

けっこう多い質問ですね。

撥水性は水玉コロコロだし、親水性は表面にビターっと水が貼り付いたようになる感じだし、どちらも一長一短です。

たくさんあるコーティング屋さんやメーカーさんで、それぞれ撥水性、疎水性、親水性など色々な種類があります。

超撥水とかもありますね。超撥水の上は何になるんでしょうね。超超撥水とか超超超撥水とかになるのかな?

段々と胡散臭くなる(^_^;)

結局は、ボディが水を弾くか水と馴染むかのどちらかに分類されるはず。

水玉になった水滴や、ビターっと貼り付いたようになった水が、ボディから流れ落ちやすいかどうかはまた別なので、大きく撥水と親水と勝手に分けてしまいましょう。

他にあるかもしれないですけどね(^^)

そんな中で、ピッチレスコートは何水性かというと、

撥水性です

水玉が小さいけどコロコロでしょ

ということで、撥水性でございました。

はい。一言で終わってしまいました(^^)

ただ、ピッチレスコートを塗る前の状態によって、親水性っぽくなることがあるようです。

経験したことはありませんが、お客さまから、とあるコーティングをしてあるボディに使ったら親水性になった、なんてお話を頂いたことがあります。

試す機会があれば試してみますが、恐ろしく高額なコーティングだったので、その機会があったら、ということで。

ま、基本は撥水性でございます。

撥水性とか親水性とか、詳しく知りたい方は、各自お勉強してください。

どの状態になったら撥水なのか、親水なのか、接触角が何度だと撥水だとか、化学的性質がどうだとか・・・

科学的なことや物理的なことを勉強したい方は勉強してもらえばディープな世界に行けますが、洗車を楽しみたい大多数の方にはあまり関係ないお話ですね。

正しい洗車方法で綺麗に愛車が維持できればいいんだから。

また皆さんに参考になりそうな質問・相談を頂いたら、このブログでお答えしていきます。

それでは~~~!

The following two tabs change content below.
洗車屋ですが、全ての人が洗車を楽しめるような情報をお伝えしています。 車に限らず身の回りのものを綺麗にお手入れする方法や、車をはじめとする”お手入れビジネス”のことや、たまに自分の好きなことも書くので、似た趣味嗜好をお持ちの方も、覗いてみてください。 ■ご相談・お問い合わせはお気軽に! →こちらから